真・女立喰師列伝

真・女立喰師列伝

シンオンナタチグイシレツデン

2007年11月10日(土)公開 / 上映時間:123分 / 製作:2007年(日本) / 配給:デイズ

(C)2007 八八耗・デイズ/ジェネオン エンタテインメント

解説 「立ち喰いのプロ」を名乗っては店主を煙に巻き、無銭飲食する架空の仕事師“立喰師“を主人公に、日本戦後史を通観した' 05年公開の異色作『立喰師列伝』から生まれた新作。今回は女立喰師にスポットを当てた全6話のオムニバスだ。作者の押井守が2話を監督するほか、『精霊の守り人』の神山健治ら若手監督たちが各エピソードを手掛ける。

ストーリー フリーカメラマンの坂崎は、伝説の立喰師“ベッコウアメの有理“を探して、縁日の雑踏を徘徊していた。ある日、彼は編集者から彼女が伊豆半島にいるという情報を掴み、現地に向かう。(「金魚姫 鼈甲飴の有理」)

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全2件)