映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

マリと子犬の物語

マリと子犬の物語

マリトコイヌノモノガタリ

解説

2004年に多くの被災者を出した新潟中越地震。そんな状況の中で倒壊した家に残されながらも、地震発生当日に生まれたばかりの子犬たちを守り、16日間生き続けた母犬マリを描いた絵本『山古志村のマリと三匹の子犬』が映画化。過酷な状況の中で生き延びようとする犬たちと、マリの身を案じる家族の姿に思わずに涙が出る。

ストーリー

新潟県山古志村で暮らす石川家に、小さな子犬がやって来る。“マリ“と名付けられた子犬は成長して三匹の子犬を産み、母となった。石川家は家族をあげてマリの出産を喜ぶが、その時、新潟県を巨大な地震が襲い……

2007年12月8日(土)公開 / 上映時間:124分 / 製作:2007年(日本) / 配給:東宝

(C)2007「マリと子犬の物語」製作委員会

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー