県庁おもてなし課

県庁おもてなし課

ケンチョウオモテナシカ

2013年5月11日(土)公開 / 上映時間:123分 / 製作:2013年(日本) / 配給:東宝

(C)2013映画「県庁おもてなし課」製作委員会

解説 作家・有川浩が故郷の高知を舞台に描いた同名小説を、錦戸亮、堀北真希をキャストに迎えて映画化。高知県庁に観光促進を目的に発足した“おもてなし課“に所属する職員たちが数々の難題をクリアし、壮大な観光構想の実現に向けて奔走する姿を描く。『阪急電車 片道15分の奇跡』を手がけた三宅喜重監督と脚本家・岡田惠和が再びタッグを組む。

ストーリー 高知県庁の観光部に“おもてなし課“が発足するが、これといった成果のない日々が続いていた。そんな折、若き職員の掛水は、観光特使就任を要請した県出身の小説家・吉門のアドバイスを受け、バイトの明神を雇って“伝説の元県庁職員“に接触を試みるが……。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全4件)