腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

フヌケドモカナシミノアイヲミセロ

2007年7月7日(土)公開 / 上映時間:112分 / 製作:2007年(日本) / 配給:ファントム・フィルム

(C)2007「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」製作委員会

解説 第18回三島由紀夫賞にもノミネートされた本谷有希子の原作戯曲を映画化した異色の愛憎劇。携帯の電波も届かないような寂れた北陸の山村を舞台に、女優志望の自意識過剰の女性とその家族が抱える人間模様が、赤裸々かつブラック・ユーモアたっぷりに描かれる。エキセントリックな主人公を怪演した佐藤江梨子が、女優としての新たな一面を見せている。

ストーリー 女優を目指し上京していた和合家の長女、澄伽が、両親の訃報を受け4年ぶりに実家に帰ってきた。傲慢に振舞う澄伽に、長男の宍道も次女の清深もなぜか異常に気を遣うばかり。そんな姿を兄嫁の待子は不思議に思うが……。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全5件)