キャッチボール屋

キャッチボールヤ

2006年10月21日(土)公開 / 上映時間:105分 / 製作:2005年(日本) / 配給:ビターズ・エンド=「キャッチボール屋」製作委員会

(C)「キャッチボール屋」製作委員会:ビターズ・エンド/トランスフォーマー/ハピネット

解説 名バイプレイヤーとして日本映画に欠かせない大森南朋の初主演作。10分100円でお客とキャッチボールを始めた男が空白の過去と向き合う。手掛けたのは、北野武らの助監督を務めてきた実力派で、これが監督デビューとなる大崎章。

ストーリー ある公園で中年紳士に声をかけられたタカシ。その紳士の頼みで彼は、キャッチボール屋なる珍商売を受け継ぐ。そんな彼の元にはOLや借金取りなど、さまざまな人間が顔を出すようになる。

情報提供:ぴあ