佐賀のがばいばあちゃん

佐賀のがばいばあちゃん

サガノガバイバアチャン

2006年6月3日(土)公開 / 上映時間:104分 / 製作:2006年(日本) / 配給:ティ・ジョイ=映画「佐賀のがばいばあちゃん」製作委員会

(C)映画「佐賀のがばいばあちゃん」製作委員会

解説 芸人・島田洋七が、少年時代の思い出を綴った自伝的小説の映画化。戦後間もない佐賀を舞台に、貧乏ながらも明るく生きる祖母と孫の暮しを描く。生きるための金言を次々と放つ祖母役を、名女優・吉行和子が魅力たっぷりに好演している。

ストーリー 原爆症で父を亡くし、母親の手で育てられていた明広は、佐賀にいる祖母と暮らすことになる。ひとり暮らしの祖母の生活は貧乏そのものだが、持ち前の明るさに触れ、明広は成長していく。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全2件)