映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

喜劇 女生きてます

キゲキオンナイキテマス

解説

幼なじみであるヤクザの男と一杯飲み屋を始める女、短大出のインテリであるが女は結婚が何よりという持論を持つ女、美人だけど頭が弱く男の慰み者にされる女など、様々な踊り子たちの哀歓が描き出されている。粗野で泥臭く、スマートな喜劇ではないが、踊り子たちが巻き込まれる事件の数々は、怒りとともに笑いとなって、観る者の心にズシリとした感動を与えてくれる。“立て、飢えたる者よ……“と歌いながら肩をいからせて歩くヒモ(橋本功が好演)の姿が印象深い。

上映時間:91分 / 製作:1971年(日本) / 配給:松竹大船

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー