世界の終わりという名の雑貨店

世界の終わりという名の雑貨店

セカイノオワリトイウナノザッカテン

2001年11月17日(土)公開 / 上映時間:94分 / 製作:2001年(日本) / 配給:松竹=小学館

解説 嶽本野ばらの同名小説を、モデル高橋マリ子主演で映画化した悲恋物語。疎外感にさいなまれる女子高生が孤独な雑貨店店主と出会い、傷を癒す姿を浮遊感のある映像でみつめる。

ストーリー フリーライターの雄高は自分の仕事に疑問を感じて廃業し、ビルの一室で雑貨店を開業。そこに孤独な女子高生、胡摩が訪れる。ふたりは同様の疎外感を感じていたことを知る。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全4件)