マイライフ・アズ・ア・ドッグ

マイライフ・アズ・ア・ドッグ

マイライフアズアドッグ
MITT LIV SOM HUND

製作:1985年(スウェーデン)

解説 “人工衛星で死んだライカ犬より僕はまだ幸せだ”満天の星を見上げながらつぶやく12歳の少年イングマル。1950年末のスウェーデンの海辺の小さな町と山あいの小村を舞台に、様々な人々との出会いを通して、人生に目覚め少しずつ大人になっていく少年イングマルの姿を、ナイーブにユーモラスに綴った、珠玉の思春期物語である。イングマルは、病気のママとイジワル兄貴エリクとの3人暮らし。パパは、仕事で南洋に行ったきりずっと帰ってこない。夏休み、ママの病状が悪化した。そこで、エリクはおばあさんの家へ、イングマルはママの弟のグンネル叔父さんの家に行くことに……。イングマルを演じるアントン少年は、まったくの素人ながら、少年らしい心の動揺や言葉にならない不安感などを、ごく自然にかつ鮮明に表現。夜空を眺めながら一筋の涙を流す彼の、ふっくらとした頬が愛らしい。ゴールデン・グローブ賞の最優秀外国語映画賞を受賞。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:ラッセ・ハルストレム

キャスト

アントン・グランセリウス
マンフレド・セルネル
アンキ・リデン
レイフ・エリクソン
メリンダ・キンナマン

マイライフ・アズ・ア・ドッグの画像