ハスケル・ウェクスラー

ハスケルウェクスラー

10代からアマチュア映画を作り、産業・文化映画を製作したのち、撮影監督に。「バージニア・ウルフなんかこわくない」(1966)、「ウディ・ガスリー わが心のふるさと」(1976)で、2度アカデミー撮影賞を受賞。