イングリッド・チューリン

イングリッドチューリン

1957年「野いちご」以後、イングマール・ベルイマン作品の重要な役割を占める。「女はそれを待っている」(1958)でカンヌ映画祭主演女優賞を受賞。