ティア・カレル

ティアカレル

中国、スペインといった様々な民族の血を引く独特の風貌で、ファッション誌やCMでモデルとして活動、1986年に映画デビュー。「ウェインズ・ワールド」(1992)で歌手を演じたのが好評を博し、CDデビューも果たす。TVシリーズ“レリック・ハンター”では行動派の考古学者として大活躍。