ジム・カヴィーゼル

ジムカヴィーゼル

10代の時に「マイ・プライベート・アイダホ」(1991)のオーディションに参加しイタリア移民の子と偽ってイタリア人の切符切りの役を獲得。その後本格的に映画の道に進み、下積み時代を送るが「シン・レッド・ライン」(1998)で重要なキャラクターを演じ注目される。ジェームズ・カヴィーゼルで表記されることもある。