コミックナタリー Power Push - マーガレットコミックス特集 あの頃も、これからも!一生少女マンガ宣言 第2回 咲坂伊緒「アオハライド」「ストロボ・エッジ」

少女マンガ家として、ときめきに徹する

どちらの恋愛観も間違いじゃない、と言いたい

咲坂伊緒「BLUE」ブックパスで読む

──初期の短編には、いろいろなシチュエーションや女の子が出てきますね。「BLUE」ではいとこ同士の恋が描かれていて、かつ女の子を好きな女の子がいたり。ちょっとタブーと言われるような恋愛模様がとてもフラットに描かれていますが、なぜ描いてみようと思われたのでしょう。

2人の間に何か障害があるほうが描きやすいというのもありますが、悪いことじゃないのに、少し違った恋愛観を持っていると引いてしまう人がいるのが不思議だなと思っていて。それって何なんだろうって……。そのあたりは次の連載につながるところなんですが。

──新連載「思い、思われ、ふり、ふられ」ですね。4人の恋愛群像劇ということですが、ダブルヒロインです。

「思い、思われ、ふり、ふられ」カット

はい。まったくタイプの違う2人が、それぞれの価値観でどう恋愛に向かっていくかを描きたいと思いました。どっちの恋愛観も絶対間違いじゃないですよね。でもどちらかを主人公にしてしまうと、それが正義っぽく見えてしまうかなという気がして。どっちの価値観もありだよ、ということを描けたらいいなと。

──今までにお描きになってきたものにもそれを感じます。多様性というか、これもありだし、それもありだよと。

そう思ってもらえたら、すごくうれしいです。主人公をこの子と決めると、なんかみんなそこに集中して、ちょっと違う子がいると、サブみたいな捉え方になってしまうのはいやだなあと。今回はそうじゃなくしたいので、2人の主人公にしました。

──どんな2人になるのですか?

1人は「ピュアっ子」というか、男の子と付き合ったことがないだけじゃなくて、好きな子もできたことがないような奥手な女の子で、もう1人は割と気軽に男の子と付き合える女の子です。

──それは新しいですね! なんとなくピュアだったり、一途だったりする女の子が正しい主人公のような気がしてしまいますが、実際のところ、そんなはずもないですもんね。カジュアルに男の子と付き合える子だって正しくないわけではない。

そうなんですよ! 私自身もマンガを読んでいると一途な子に思い入れして読んでしまうところはあるんですよね。だから自分を含めてなんですけど、マンガの中の女の子が一途じゃなくなって、ちょっとふらふらしだすとカチンとくるのはなんでなんだろう……と。

──確かに、なんでなんでしょうね。

この連載のために、アシさんみんなに「なぜ一途な女の子が偉いと思われるのか」をインタビューしたんです(笑)。「意志が強そうな感じがするからじゃないですか?」とか、それらしき理由は言うんですけど結局よくわからないなあと。

──「なんでそうなんだろう」といった疑問から物語が生まれることもあるんですね。

ありますね。疑問とか、憤りとかから(笑)。「なぜなんだ!」って。

「ずるい気持ち」を持ってしまうのは悪いことじゃない!

──咲坂先生の作品に登場するのは、いわゆる「いい子」だけではないですよね。先生ご自身も、短編集のあとがきで「恋愛におけるキラキラも、ちょっとずるくなっちゃう気持ちも(中略)すべて好きです」と描いていらっしゃいました。

そうですね。もちろんいい子もいてもいいけれど、違う子もいてもいいじゃない、と。ちょっとずるい子をマンガでは描いちゃいけないということになると、心の中にずるい気持ちを持ってしまうのさえ悪いことだと読者さんが思ってしまったら悲しいので……そんなことない、みんな思ってるんだよ!っていうことを言いたいですね。

「思い、思われ、ふり、ふられ」カット

──今回の連載も、まさにそうですよね。一途に誰かを思うのも、カジュアルに男の子と付き合ってみるのも、どちらもいい。どちらの女の子たちもいるはずですもんね。

そうなんですよね。カジュアルに付き合える女の子たちが読めるマンガもあるとは思うんですが、どちらも主人公として描いて、対照的な2人、どちらの方にも共感して読んでもらえたらいいなと。

──「ストロボ・エッジ」「アオハライド」と長い大人気連載を2つ終えられた今だからやれる、みたいなところもありますか。

うーん。確かに、読者さんが一途じゃないような女の子を嫌だなと思ってしまう可能性もあるんですけど、一応長い連載をやらせていただいたので挑戦するなら今しかないと思いました。実際、2人主人公という設定で描きはじめてみたらすごく難しいということがわかったんですが(笑)、読んでくださるとうれしいです!

新連載「思い、思われ、ふり、ふられ」別冊マーガレット7月号にてスタート!

咲坂伊緒オススメのマーガレット作品が読み放題!

ブックパスでは咲坂伊緒作品が期間限定で読み放題。「アオハライド」「ストロボ・エッジ」はもちろん、「BLUE」「GATE OF PLANET」などの初期の短編もラインナップしている。またインタビューに登場した咲坂オススメのマーガレット作品も公開中なので、気になる作品がある人はこの機会にチェックしてみては。

  • 亜月裕「伊賀野カバ丸」
  • 河原和音「先生!」
  • 宮川匡代「ONE ―愛になりたい―」
  • 紡木たく「ホットロード」
  • いくえみ綾「ハニバニ!」
  • いくえみ綾「彼の手も声も」

※各作品の読み放題提供期間はブックパスの特集サイトでご確認ください。

ブックパス マーガレットコミックス特集

マーガレットコミックス特集 あの頃も、これからも!一生少女マンガ宣言 特集一覧・連載作品年表はこちら
第1回 河原和音
第2回 咲坂伊緒
第3回 神尾葉子
第4回 中原アヤ
第5回 森下suu
第6回 あいだ夏波
第7回 やまもり三香
第8回 水野美波
第9回 幸田もも子
第10回 宮城理子
第11回 佐藤ざくり
第12回 椎名軽穂
第13回 小村あゆみ
第14回 いくえみ綾
第15回 ななじ眺
第16回 八田鮎子
番外編 マーガレット&別冊マーガレット編集長インタビュー

マーガレットコミックスが期間限定で読み放題!

  • 咲坂伊緒「アオハライド」
  • 咲坂伊緒「ストロボ・エッジ」
  • 咲坂伊緒「マスカラ ブルース」
  • 咲坂伊緒「BLUE」
  • 咲坂伊緒「GATE OF PLANET」
  • 咲坂伊緒「君ばっかりの世界」
  • 咲坂伊緒「私の恋人」
  • 咲坂伊緒「バイバイ、リトル。」
  • 咲坂伊緒「CALL MY NAME」

※各作品の読み放題提供期間はブックパスの特集サイトでご確認ください。

ブックパス

スマートフォンやパソコンで利用できるauの電子書籍サービス。月額562円(税別)でマーガレット作品も読み放題!

咲坂伊緒(サキサカイオ)
咲坂伊緒

6月8日生まれ。B型。東京都出身。「サクラ、チル」でデビュー。代表作は、2007年から2010年まで別冊マーガレット(集英社)にて連載された「ストロボ・エッジ」。2013年には劇場アニメーション「ハル」のキャラクター原案を務める。別冊マーガレット2011年2月号より連載された「アオハライド」は2014年7月にTVアニメ化、同年12月には実写映画化。また2015年には「ストロボ・エッジ」も実写映画化された。同年6月発売の別冊マーガレット7月号にて新連載「思い、思われ、ふり、ふられ」がスタート。