コミックナタリー Power Push - 「美少女戦士セーラームーンCrystal」

私たちは、プリンセスを守る“騎士”

「美少女戦士セーラームーン」の20周年を記念して、2014年に始動した新作アニメシリーズ「美少女戦士セーラームーンCrystal」。4月からオンエアされる第3期では、キャラクターデザイン、監督などスタッフを一新し、原作でも人気の高い第3部「デス・バスターズ編」のストーリーを展開する。

第3期からはセーラーウラヌス、ネプチューン、サターンの“外部太陽系戦士”もいよいよ登場し、セーラー10戦士が集結。コミックナタリーではセーラーウラヌス/天王はるか役の皆川純子、セーラーネプチューン/海王みちる役の大原さやかによる対談をお届けする。1月のキャスト発表イベント(参照:「セーラームーンCrystal」ウラヌス皆川とネプチューン大原が相思相愛ぶり披露)でも息の合った相思相愛トークを見せた2人は、どのようにこの大役に挑んだのか。正直な胸のうちを語ってもらった。

取材 / 三木美波 文 / 岸野恵加 撮影 / 上山陽介

  • 921

    705

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この2人でウラネプができるのは運命

──ニコニコ生放送でのキャスト発表会の際にお話しされていましたが、出演が決まったときは、すぐお互いに連絡を取り合ったとか。

左からセーラーウラヌス、セーラーネプチューン。

大原さやか そうなんです、「聞いた?聞いた!?」って。もう、うれしくて!

皆川純子 「聞いた聞いた!」ってテンション高くやりとりしました。さやかがネプチューンって聞いたことで、うれしさ2倍な感じで。

大原 事務所が同じで、長く知っていて、プライベートでも大好きで仲良しで。そんな純子さんがウラヌスで本当によかったなって思いました。

皆川 勝手に運命だと思ってるよね。

左から海王みちる、天王はるか。

大原 運命。この関係性が、少しでも作品に反映されたらいいなと思ってます。

──「ARIA」や「コードギアス 反逆のルルーシュ」「灼眼のシャナ」など、これまでもたくさん共演されていますね。

皆川 「ARIA」でも親友の役でしたからね。初めて共演したのは……なんだろう、思い出せないなあ。

大原 会った瞬間から好きだったから♪

皆川 (笑)。

「浮気だー!浮気者ー!!」

大原 「Crystal」のオーディションに臨むとき、純子さんも受けるって聞いた瞬間から、私の中でもうウラヌスは純子さんになったんです。オーディションのときにはるかとの掛け合いのセリフがあったんですけど、純子さんの声で会話をイメージしてやりました。

天王はるかと海王みちる。

皆川 私は掛け合いのとき、別の方がいらっしゃったんだけどね。

大原 浮気だー! 浮気者ー!!(笑)

皆川 オーディションだから!(笑) 出演が決まったときは本当にうれしかったです。前から青色は好きだし縁があって、服やアクセサリーを集めてるんですけど、ウラヌスに決まったことによって、さらに青を「自分の色だ」って思うようになりました。

大原さやか

大原 純子さん、ウラヌスカラーのリボンの柄をペイントしたバッグもオーダーしてたもんね。でもわかる。私もいきなりネプチューンカラーに目がいくようになっちゃって。アフレコに臨むとき、絶対どこかにひとつは身につけようって思ってるもん。

皆川 私も、さやかがネプチューン受けるって聞いた瞬間に、「さやか、ネプチューンに決まりそうだな」という予感がしました。そして実際に決まるなんて! 決まったときは事務所を挙げて万歳三唱。すごく喜んでくれたよね。

大原 セーラーマーズ役の佐藤利奈ちゃんも同じ事務所なんですけど、スタッフから「佐藤さん自身が決まったときの何十倍も喜んでましたよ」ってわざわざ連絡がきて。利奈ちゃんがマーズに決まったときは、喜びよりも恐れのほうが大きかったみたいなんです(笑)。

皆川 なんて温かい事務所なんだって思ったし、利奈ちゃんがいてくれて私たちも心強かったよね。

大原 カンパニー自体も、ものすごくウェルカムな空気が流れてて、「やっときたー、ウラネプ!」って。素敵なテンションで迎えてくれました。

皆川純子

皆川 やっぱり大きな作品だし、最初は不安を感じてたんです。ウラネプは序盤は謎めいた存在だから、そんなにセリフもなくて。アフレコも2週に1回なので、毎回リセットボタンを押されちゃう感じ。毎週ならリズムが作れて、役にも入りやすくなるんですけど。でもアフレコで、1期からのキャストの方たちが「カッコいい!」「素敵!たまらない!」とか言ってくれるんです。それが本当に励みになって。主に小清水亜美ちゃんとしょこたん(中川翔子)なんですけど。

大原 本当にうれしいよね。今日も、私が初めて演じた技があったんですけど、終わった後に(伊藤)静が「さやちゃん、すごくカッコよかったよ。技、くらいたいと思った!」って言ってくれて(笑)。励ましとして言ってるんじゃなくて、本当に思ってくれてるんだっていうのが伝わるので、励みになります。

皆川 本当に、最初からいたキャストの皆さんには救われてますね。

「美少女戦士セーラームーンCrystal」第3期 デス・バスターズ編
「美少女戦士セーラームーンCrystal」第3期 デス・バスターズ編
放送情報

TOKYO MX:2016年4月4日より毎週月曜23:00~
テレビ北海道:2016年4月10日より毎週日曜25:05~
テレビ愛知:2016年4月10日より毎週日曜25:35~
サンテレビ:2016年4月5日より毎週火曜24:00~
TVQ九州放送:2016年4月8日より毎週金曜25:58~
BS11:2016年4月12日より毎週火曜23:30~

スタッフ

原作:武内直子
監督:今千秋
脚本・シリーズ構成:小林雄次
キャラクターデザイン:高橋晃
美術監督:倉橋隆
音楽:高梨康治(Team-MAX)
音楽制作:キングレコード
アニメーション制作:東映アニメーション

キャスト

月野うさぎ/セーラームーン:三石琴乃
水野亜美/セーラーマーキュリー:金元寿子
火野レイ/セーラーマーズ:佐藤利奈
木野まこと/セーラージュピター:小清水亜美
愛野美奈子/セーラーヴィーナス:伊藤静
ちびうさ/セーラーちびムーン:福圓美里
冥王せつな/セーラープルート:前田愛
天王はるか/セーラーウラヌス:皆川純子
海王みちる/セーラーネプチューン:大原さやか
土萠ほたる/セーラーサターン:藤井ゆきよ
地場衛/タキシード仮面:野島健児
ルナ:広橋涼
アルテミス:大林洋平
ダイアナ:中川翔子

カオリナイト:よのひかり
土萠教授:桐本拓哉
ファラオ90:土師孝也

〈ウィッチーズ5〉
ミメット:長久友紀
ユージアル:たかはし智秋
ビリユイ:本泉莉奈
テルル:大空直美
シプリン:庄司宇芽香

皆川純子(ミナガワジュンコ)

11月22日生まれ、茨城県出身。主な出演作品に「テニスの王子様」(越前リョ-マ役)、「SUPER LOVERS」(海棠零役)、「PandoraHearts」(オズ=ベザリウス役)、「暁のヨナ」(ユン役)、「ARIA」シリーズ(晃・E・フェラーリ役)、「コードギアス 反逆のルルーシュ」(コーネリア・リ・ブリタニア役)など。

大原さやか(オオハラサヤカ)

12月6日生まれ、神奈川県出身。特技はチェロ演奏。主な出演作品に「×××HOLiC」(壱原侑子役)、「夏雪ランデブー」(島尾六花役)、「FAIRY TAIL」(エルザ・スカーレット役)/「コードギアス 反逆のルルーシュ」(ミレイ・アッシュフォード役)、「ARIA」シリーズ(アリシア・フローレンス役)など。