コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

貞本が初音ミク語る対談&ボールルーム竹内のインタビュー

58

貞本義行と、初音ミクを題材にしたオペラ「THE END」のビジュアルディレクションを手がけた映像作家・YKBXの対談が、本日6月20日発売のSWITCH7月号(スイッチ・パブリッシング)に掲載されている。

「THE END」はホールに多面スクリーンを設置し、人間の役者を使わず映像によって物語を紡ぐ舞台。貞本は「ミクのようなキャラクターを自分の絵にするのは冒険」と、YKBXがアレンジした初音ミクのビジュアルに興味を示し、舞台が出来上がるまでの葛藤を聞いた。

なおSWITCH7月号は「ダンス+インターネット ネ申1oo」をテーマにしており、ダンスを切り口に様々なクリエイターをピックアップ。「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友もインタビューを受けており、社交ダンスをマンガ化したきっかけを語っている。

コミックナタリーをフォロー