音楽ナタリー PowerPush - T.M.Revolution

難産アルバム「天」と現在進行形ツアーの真意

T.M.Revolutionが記念すべき10枚目のアルバム「天」をリリースする。数多くのヒットシングルと意欲的な新曲を収めたこの1枚は、現在の西川貴教にとってどのような意味を持つのか。そして現在開催中の全国ツアーの狙いとは。音楽ナタリーでは西川にインタビューを行い、その心境を聞いた。

取材・文 / 大山卓也

 
mixiチェック

見えない角度から殴りたい

──全国ツアー「T.M.R. LIVE REVOLUTION '15 –天-」が4月からスタートしました。手応えはいかがですか?

ぶっちゃけもう観ていただいた通りです(笑)。

──初日の神奈川公演を拝見しましたが、いつも以上にT.M.Revolutionのハードな側面を強く打ち出しているように感じました。

T.M.Revolution

正直相当かまえて挑んだところはあったんですけど、初日の勢いのまま各地を回って、だいぶ流れができてきたかなっていう感じですね。

──アルバムの発売が延期されたことにより、ツアー序盤のお客さんは新曲を知らない状態での参加になりましたね。

かなり渋いリアクションになるだろうなって覚悟してたんですけどね。でもやっぱり「こんなことやってお客さんに伝わるんだろうか」とか「理解してくれないんじゃないかしら」とか言ってるのは違うな、と。少なくとも自分はすごく楽しめてるし、それで観てくださる方との間に溝ができてちゃダメですけど、結果いい形でやれてると思うんで。

──確かにステージ上の西川さんはいつにも増して楽しそうでしたね。「理解してもらえないかも」という心配は杞憂だったと。

そうですね。ただ、そこに関して言えば音源も同じなんです。例えば去年リリースした「突キ破レル - Time to SMASH!」という曲は「ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ」というアニメの主題歌として作った曲で、主な視聴者層は小さな男の子なんですね。だから楽曲依頼の内容も「子供向けのわかりやすい言葉やメロディのものを」ってことで、最初はそういう曲を作ってみたんです。けど「そうやってオーダーシート通りのものをお届けするだけでいいのか」「そうじゃないだろう」って思い始めて。

──子供向けの曲を作るのはやめたと。

はい。実際曲を聴いてくれてるのは子供たちなんですけど、自分たちが子供の頃に「これはわかりやすいから聴いてる」とか「これはわかりづらいから聴きません」とかっていうことはなかったはずだし、送り手の側である自分たち=大人が「君たちがわかるのはこれくらいでしょ」って考えるのは違うと思うんです。子供たちにしてみると、ちょっと背伸びするぐらいのが気持ちよかったりするじゃないですか。

──聴き手の好みや理解度に合わせるのではなく、とにかく西川さん自身の全力をぶつける、という方向で。

そうそう。自分では「お客様本位で」みたいなつもりでいたんですけど、どうやらそうじゃないなっていう。

──ライブも同じということですね。

もちろんツアーを重ねながら軌道修正していくところもあるし、精度はもっと上げていかなきゃならないと思ってます。だけど少なくとも、皆さんの希望通りのものを出すんじゃなくて、見えない角度から殴りたいんですよね。

──見えない角度とは?

視界の外からパンチがくる、みたいな感じで常にいたい。「打ちますよ、打ちますよ、はい当たりました」じゃなくて。「えっ、そんなところから?」って思ってほしい。ずっとそうしてきたし、それしか生き残る方法を知らないんです。

自分の中のメソッドを踏襲する

──西川さんって、ファンを裏切りたくないとか、ファンも含めてT.M.Revolutionなんだ、みたいなことをよく言いますけど、でも実際やってることを見ると……。

独善的ですよね(笑)。

──そこまでは言いませんが(笑)、確かにこちらの期待と全然違う角度から攻めてくることは多い気がします。

うんうん。やっぱり皆さんが望んでいるものを忠実に再現してもね、プレイする側が楽しんでないと、結局ストレスしか残らない。もちろんいろいろと期待していただくことはすごくうれしいし、それに応えることに美学を感じたりもするんですけど、でもどうせだったら安心感より驚きを与えたい、っていうところはあります。

──西川さんには好き放題やっていてほしい、というのはファンとしても思いますからね。

でもそう言っている一方で今回のアルバムでも、ある種伝統芸能的に継承すべき部分っていうのは大事にしていて。例えば、アルバムにはメジャーなバラードとマイナー調のバラードが入っているとか。

──今回で言うと「Dream Crusader」と「Phantom Pain」ですね。

あと「CRIMSON AIR」っていう曲は、1stアルバムでいうと「URBAN BEASTS」に当たるアメリカンロック調のナンバーだったり。そういう自分の中のメソッドというか、T.M.Revolutionとして軸になる部分はきちんと踏襲していこうと思ってるんですよね。

10thアルバム「天」2015年5月13日発売 / EPICレコードジャパン
初回限定盤A [CD+DVD] 4000円 / ESCL-4410~1 / Amazon.co.jp
初回限定盤B [CD+DVD] 4000円 / ESCL-4412~3 / Amazon.co.jp
通常盤 [CD] 3200円 / ESCL-4414 / Amazon.co.jp
CD収録曲
  1. The ether
  2. DOUBLE-DEAL
  3. AMAKAZE -天風-
  4. 突キ破レル-Time to SMASH !
  5. Thread of fate
  6. HEAVEN ONLY KNOWS ~Get the Power~
  7. Summer Blizzard
  8. Salvage
  9. Dream Crusader
  10. Phantom Pain
  11. CRIMSON AIR
  12. Count ZERO
  13. FLAGS
  14. The party must go on
  15. The edge of Heaven & Revolution
  16. 突キ破レル-Time to SMASH !(Re:boot) ※通常盤のみ収録
  17. Thread of fate(Re:boot) ※通常盤のみ収録
初回限定盤A DVD収録内容

「イナズマロック フェス 2014」ダイジェスト

  • HIGH PRESSURE
  • HOT LIMIT
  • last resort
  • Count ZERO
  • WHITE BREATH
  • Phantom Pain
  • Preserved Roses
  • 革命デュアリズム
  • Back Lot of INAZUMA ROCK FES. 2014
初回限定盤B DVD収録内容

「T.M.R. LIVE REVOLUTION'14 in Taipei」ダイジェスト+撮り下ろしインタビュー

  • SCENE1
  • SCENE2
  • SCENE3
  • SCENE4
  • SCENE5
  • SCENE6
T.M.Revolution(ティーエムレボリューション)

1970年滋賀県生まれの西川貴教によるプロジェクト。1996年5月にシングル「独裁-monopolize-」でメジャーデビュー。キャッチーな楽曲と激しいライブパフォーマンスで人気を集め、「HIGH PRESSURE」「HOT LIMIT」「WHITE BREATH」などのヒット曲を連発する。2008年には「滋賀ふるさと観光大使」に任命され、翌2009年から滋賀県初となる大型野外ロックフェス「イナズマロック フェス」を連続開催。その他、舞台やミュージカルなど幅広い分野にて精力的な活動を展開している。2013年には水樹奈々とのコラボシングル「Preserved Roses」「革命デュアリズム」を発表。2015年5月に通算10枚目となるオリジナルアルバム「天」をリリース。