音楽ナタリー Power Push - ももいろクローバーZ

豪華作家陣と生み出した3rd & 4thアルバム ももクロが表現する“常世と幻想の世界”

ももいろクローバーZの3rdアルバム「AMARANTHUS」と4thアルバム「白金の夜明け」が完成した。2枚のアルバムは2013年4月に発表された2ndアルバム「5TH DIMENSION」から2年10カ月ぶりとなる新作で、それぞれ異なる切り口で“夢の世界”を表現したコンセプチュアルな内容に仕上がっている。また2016年元日より楽曲情報が徐々に明かされ、前山田健一、清竜人、NAOTO(ORANGE RANGE)、CLIEVY(C&K)、堂本剛(KinKi Kids)、さだまさしといった豪華作家陣が参加していることで連日話題を集めている。

音楽ナタリーでは2回に分けてももいろクローバーZの特集を展開。第1弾ではももクロへのインタビューを紹介し、後日公開の第2弾では作家陣による座談会の様子をお届けする。今回はももクロが語る作家陣とのエピソードなどを通して、新作の魅力に触れてほしい。

取材・文 / 小島和宏 撮影 / 間仲宇

起きて見る夢、寝て見る夢

──今回、2枚同時にリリースされる「AMARANTHUS」と「白金の夜明け」は、非常にテーマやコンセプトがハッキリとした作品ですね。

百田夏菜子 そうですね。「AMARANTHUS」は“起きて見る夢”で、「白金の夜明け」は“寝て見る夢”。

  • 百田夏菜子
  • 百田夏菜子

高城れに 人間が生まれてから死ぬまでを描いたのが「AMARANTHUS」だから、こっちは人間味があるっていうか、すごくリアル。逆に「白金の夜明け」はみんながいつも寝ているときに見ている夢の話だから、ファンタジーの世界なんだけど、夢には現実の話も出てくるじゃないですか? だから、ただただファンタジーじゃなくて。夢なのか現実なのかわからなくなるような不思議な世界になってます。

佐々木彩夏 2つの作品は真逆なんだけど“夢”という部分ではつながっているんですよ、どこかで。だから「AMARANTHUS」をずっとループして聴くのもいいんだけど、「白金の夜明け」を続けて聴くことで初めてそのつながりがわかったり、そこからもう一度「AMARANTHUS」に戻るとまた違った聞こえ方がしたり。

玉井詩織 2枚組じゃなくて、2枚別々にリリースされる意味って、そういうところにあると思うんですよ。それぞれの世界観がはっきり分かれていて単体でも成立しているんだけど、実は深い部分で2作がつながっているっていう。同じ作家さんが両方のアルバムに楽曲を提供していることも関係しているし、ほとんど同じフレーズがそれぞれのアルバムに出てきたりする。これは両方のアルバムを全部聴かないと気付かないところです。

  • 玉井詩織
  • 玉井詩織

有安杏果 輪廻転生とか、「GOUNN」からつながる世界観もあるんですが、切り口がまったく違う。あの世界の“続き”的な意味合いもあるので、新作には「GOUNN」が入っていないんです。前回のアルバム「5TH DIMENSION」以降にリリースされたシングルは基本的に収録されているんですけど、「GOUNN」だけが入っていないのは、そういう理由なんです。

百田 そのあたりはこだわってるよね。

玉井 アルバムの世界観がしっかりしているから、ここにシングル曲を入れても大丈夫なのかなって思っていたんだけど、これがピタッとハマっているんですよ。どっちのアルバムに入れるのか、何曲目に入れるのか、という部分が絶妙で。

佐々木 もうおなじみの曲だけど、このアルバムを聴いたら今までとはイメージがガラッと変わると思う。例えば「青春賦」は映画の主題歌っていう印象がものすごく強いと思うんですけど、「AMARANTHUS」の流れの中で聴くと、人生で必ず通る青春の1ページを描いた曲という印象が強くなっていて。2枚のアルバムに23曲も新曲が入っているけれど、シングル曲がアルバムの中で新しく生まれ変わっているところにも注目してほしいです。

  • 佐々木彩夏
  • 佐々木彩夏

百田 今までももクロを聴いたことがない、という人にはとても入りやすいアルバムになったなって思うし、これまで聴いてくれていた人たちにとっても、すごく新鮮だと思います。

ももいろクローバーZ「AMARANTHUS」「白金の夜明け」
第1弾 メンバーインタビュー
第2弾 作家陣座談会
3rdアルバム「AMARANTHUS」 / 2016年2月17日発売 / EVIL LINE RECORDS
初回限定盤 [CD+Blu-ray] / 4104円 / KICS-93308
通常盤 [CD] / 3024円 / KICS-3308
4thアルバム「白金の夜明け」 / 2016年2月17日発売 / EVIL LINE RECORDS
初回限定盤 [CD+Blu-ray] / 4104円 / KICS-93309
通常盤 [CD] / 3024円 / KICS-3309
「AMARANTHUS」CD収録曲
  1. embryo -prologue-[作曲・編曲:tatsuo]
  2. WE ARE BORN[作詞:藤林聖子 / 作・編曲:tatsuo]
  3. モノクロデッサン[作詞・作曲:CLIEVY(C&K)/ 編曲:小松一也]
  4. ゴリラパンチ[作詞:ANCHANG(SEX MACHINEGUNS)/ 作・編曲:AKIRASTAR]
  5. 武陵桃源なかよし物語[作詞・作曲:前山田健一 / 編曲:橋本由香利]
  6. 勝手に君に[作詞:ももいろクローバーZ、NAGAE / 作・編曲:大隅知宇]
  7. 青春賦[作詞:桑原永江 / 作曲:しほり / 編曲:冨田恵一]
  8. サボテンとリボン[作詞:只野菜摘 / 作詞・編曲:神前暁]
  9. デモンストレーション[作詞・作曲・編曲:清竜人]
  10. 仏桑花[作詞・作曲:さだまさし / 編曲:近藤研二]
  11. 泣いてもいいんだよ[作詞・作曲:中島みゆき / 編曲:瀬尾一三]
  12. Guns N' Diamond[作詞・作曲・編曲:zopp・小林史知・岡村夏彦]
  13. バイバイでさようなら[作詞:只野菜摘 / 作・編曲:エンドウ.(GEEKS)]
  14. HAPPY Re:BIRTHDAY[作詞・作曲:ティカ・α / 編曲:やくしまるえつこ、山口元輝]
「AMARANTHUS」初回限定盤Blu-ray収録内容
  • 「WE ARE BORN」Music Video
  • 「モノクロデッサン」Documentary Music Video
  • Documentary of "AMARANTHUS"
「白金の夜明け」CD収録曲
  1. 個のA、始まりのZ -prologue-[作曲・編曲:NARASAKI]
  2. 桃源郷[作詞:森由里子 / 作・編曲:NARASAKI]
  3. 白金の夜明け[作詞:前田たかひろ / 作・編曲:横山克]
  4. マホロバケーション[作詞:六ツ見純代 / 作・編曲:invisible manners]
  5. 夢の浮世に咲いてみな[作詞:岩里祐穂、ポール・スタンレー(Kiss)/ 作曲:ポール・スタンレー、グレッグ・コリンズ / 編曲:Kiss、グレッグ・コリンズ]
  6. ROCK THE BOAT[作詞:岩里祐穂 / 作・編曲:グレッグ・カースティン、ニコール・モリエ]
  7. 希望の向こうへ[作詞:桑原永江 / 作・編曲:佐藤晃]
  8. カントリーローズ -時の旅人-[作詞・作曲・編曲:NAOTO(ORANGE RANGE)]
  9. イマジネーション[作詞・作曲・編曲:清竜人]
  10. MOON PRIDE[作詞・作曲・編曲:Revo]
  11. 「Z」の誓い[作詞:森雪之丞 作曲:NARASAKI 編曲:NARASAKI、ゆよゆっぺ]
  12. 愛を継ぐもの[作詞・作曲:前山田健一 / 編曲:Tom-H@ck]
  13. もっ黒ニナル果て[作詞:MURO、BOO / 作・編曲:MURO、SUI]
  14. 桃色空[作詞・作曲:堂本剛(KinKi Kids) / 編曲:堂本剛、十川ともじ]
「白金の夜明け」初回限定盤Blu-ray収録内容
  • 「マホロバケーション」Music Video
  • 「白金の夜明け」Documentary Music Video
  • Documentary of “白金の夜明け”
ももいろクローバーZ(モモイロクローバーゼット)
ももいろクローバーZ

百田夏菜子、佐々木彩夏、玉井詩織、有安杏果、高城れにの5人からなるアイドルグループ。2008年に「週末ヒロイン」「今会えるアイドル」というキャッチフレーズを掲げ、ももいろクローバーとして結成。2009年7月に1stシングル「ももいろパンチ」をリリースし、2010年5月にはシングル「行くぜっ!怪盗少女」でメジャーデビューを果たした。 2011年4月に行われた東京・中野サンプラザホール公演を最後に、メンバーの早見あかりがグループを脱退。このライブ終了直後、ももいろクローバーZへと改名し、5人編成での活動をスタートさせた。2011年7月にももいろクローバーZ改名後初のシングル「Z伝説 ~終わりなき革命~」「D'の純情」を発表。2012年にはグループ結成当初から目標としていた「NHK紅白歌合戦」への初出場を果たした。2013年4月に2ndアルバム「5TH DIMENSION」をリリースし、2014年3月には女性グループとして初となる東京・国立競技場での単独ライブを成功させた。2015年1月、「ももいろクローバーZ vs KISS」名義でKissとのコラボシングル「夢の浮世に咲いてみな」を発表。また女優としての活動も行い、青春群像小説「幕が上がる」の映画版および舞台版では主演を務めた。同年夏に静岡・エコパスタジアムでワンマンライブ「ももいろクローバーZ 桃神祭2015 エコパスタジアム大会 ~遠州大騒儀~」を開催。12月には群馬・軽井沢スノーパークでクリスマスライブ「ももいろクリスマス2015 ~Beautiful Survivors~」を実施し、12月31日から2016年1月1日にかけては東京・豊洲PITで初の年越しライブ「第一回ゆく桃くる桃『笑顔ある未来』」を行った。2016年2月に3rdアルバム「AMARANTHUS」、4thアルバム「白金の夜明け」を同時リリース。同月より新作を携えたドームツアーを開催する。