映画「あゝ、荒野」PR

「あゝ、荒野」|山田裕貴と新宿を巡る! ロケ地マップも

歌人・劇作家の寺山修司が唯一残した長編小説「あゝ、荒野」が、2部作で映画化。前篇が10月7日、後篇が10月21日より全国で公開される。人生の挫折を味わった少年院上がりの新次と、吃音と赤面対人恐怖症に苦しむバリカンこと建二が、ボクシングを通じて出会い、特別な絆で結ばれ友情を育んでいくさまを描いた本作。「二重生活」の岸善幸がメガホンを取り、菅田将暉が新次、ヤン・イクチュンがバリカンに扮した。

映画ナタリーでは、新次の宿命のライバル裕二を演じた山田裕貴に、映画の舞台となった東京・新宿でインタビューを実施。トレーニングを重ねて臨んだ撮影時のエピソードや、本作への思いを語ってもらった。

取材・文 / 秋葉萌実 撮影 / 佐藤類
ヘアメイク / 仲田須加

“聖地巡り”の旅に出よう!「あゝ、荒野」ロケ地マップ

バリカンの行きつけとして韓国料理店・ハレルヤ新宿本店が登場するなど、多くのシーンが実際に新宿で撮影された。ここでは、ロケ地の数々をマップ形式でご紹介。この地図を片手に“聖地巡り”をしてみては。

「あゝ、荒野」ロケ地マップ

» 「あゝ、荒野」ロケ地マップ PDFはこちらから

山田裕貴が歩く! 新宿・ゴールデン街、名曲・珈琲 らんぶる

映画ナタリーでは、ロケ地マップの中から、ゴールデン街と名曲・珈琲 らんぶるの2カ所をピックアップ。山田裕貴とともに同地を巡った。

ゴールデン街

寺山が選んだ本作の舞台である、東京・新宿区歌舞伎町1丁目に位置する飲食街。ショットバーや小料理屋など200軒以上がひしめき合う。1960年代から現在に至るまで、映画・演劇・文芸などに携わる多くの文化人が集う。本作のイメージビジュアルの撮影は同地で行われた。

名曲・珈琲 らんぶる

地上1階・地下1階の2フロア制で、赤いベロア生地の椅子やシャンデリアが目を引く名曲喫茶。コーヒーやクリームソーダ、レモンスカッシュなどの昔ながらのドリンクメニューのほか、軽食類も充実している。なお、店の前では、裕二が自身の子供をかつての仕事仲間・劉輝に会わせるシーンが撮影された。

「あゝ、荒野」
前篇 10月7日(土) / 後篇 10月21日(土)より
2部作連続全国ロードショー
「あゝ、荒野」
ストーリー

2021年、東京・新宿。3年ぶりに少年院から出てきた新次は、ふとしたきっかけで吃音と赤面対人恐怖症で悩む男・バリカンこと建二に出会う。ともに孤独な彼らは、ボクシングジムのトレーナー“片目”のもとでプロを目指すことに。新次は因縁の相手・裕二を倒すため、そしてバリカンは自分自身を変えるためボクシングに没頭する。トレーニングを重ねるうちに友情を深めていく2人だったが、ある運命に直面し、その関係も変わろうとしていた……。

スタッフ / キャスト

監督:岸善幸

原作:寺山修司「あゝ、荒野」

脚本:港岳彦、岸善幸

音楽:岩代太郎

主題歌:BRAHMAN「今夜」(NOFRAMES recordings / TOY'S FACTORY / TACTICS RECORDS)

キャスト:菅田将暉、ヤン・イクチュン、木下あかり、モロ師岡、高橋和也、今野杏南、山田裕貴、でんでん、木村多江、ユースケ・サンタマリアほか

「あゝ、荒野」(全6話)
U-NEXTにて配信中
「あゝ、荒野」特装版 Blu-ray / DVD
11月1日(水)発売
「あゝ、荒野」公開記念 俳優・菅田将暉 3夜連続オールナイト
日本映画専門チャンネル 2017年10月7日(土)~9日(月・祝) 連日22時~
「あゝ、荒野」新宿エリアプロジェクト実施中
山田裕貴(ヤマダユウキ)
1990年9月18日生まれ、愛知県出身。2011年に特撮ドラマ「海賊戦隊ゴーカイジャー」で俳優デビュー。「闇金ドッグス」シリーズに主演したほか、主な出演作に「ストロボ・エッジ」「ふきげんな過去」「青空エール」「闇金ウシジマくんPart3」などがある。2017年には出演作「破裏拳ポリマー」「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY」「亜人」「二度めの夏、二度と会えない夏」などが公開された。公開待機作は「HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION」「デメキン」など。