コミックナタリー

霜月かよ子が送る東野らの極上ミステリー、2社同発フェア

霜月かよ子の新刊「放課後」(講談社)と「Dの魔王」2巻(小学館)が発売されることを記念して、講談社と小学館は合同で「霜月かよ子 極上ミステリーフェア」を開催する。

「放課後」は3月12日、「Dの魔王」2巻は3月30日にそれぞれ発売。単行本オビについている応募券を集め郵送すると、描き下ろしイラスト入り図書カード(1000円分)が抽選で30名に当たる。

「放課後」は別フレ2010(講談社)に前後編で掲載された作品で、東野圭吾のデビュー作をコミカライズしたもの。名門女子高を舞台に起きた事件の真相に男性教師が迫る学園ミステリーだ。

「Dの魔王」は月刊!スピリッツ(小学館)で連載中。柳広司原作のミステリー小説「ジョーカー・ゲーム」をコミカライズしたもので、昭和初期のスパイ養成機関の創設者と、彼に指導を受けたスパイたちの活躍を描く。

コミックナタリーをフォロー