コミックナタリー

次号YAに三部けいの新連載が登場!今号ではコミカライズ2本がスタート

189

「僕だけがいない街」の三部けいによる新連載が、7月4日発売のヤングエース8月号(KADOKAWA)にてスタートする。これは本日6月2日発売の同誌7月号で告知されたもの。タイトルやビジュアルはまだ明かされていない。

なお今号では、森絵都の同名小説を原作とする紅柴るづる「DIVE!!」、岩井俊二原作による楓月誠「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の新連載2本が始動した。「DIVE!!」は7月6日よりフジテレビ「ノイタミナ」ほかでテレビアニメ版がスタート。「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は岩井原作・大根仁脚本・新房昭之総監督による劇場アニメが8月18日に公開される。

また大塚英志原作による山崎峰水「黒鷺死体宅配便」がセンターカラーにて連載を再開。中国を舞台にした新章が幕を開けている。さらに虚淵玄(ニトロプラス)/TYPE-MOON原作のもとコミカライズされていた真じろうの「Fate/Zero」が、第四次聖杯戦争終結から3年後のエピソードを描く番外編の掲載をもって完結を迎えた。真じろう描き下ろしの「Fate/Zero」完結記念ポスター、「文豪ストレイドッグス」のクリアファイルが本誌の付録として付属している。

コミックナタリーをフォロー