コミックナタリー

「帝一の國」菅田将暉ら「剃り残しの毛を確かめ合った」と“男子校”トーク

2930

映画「帝一の國」の完成披露試写会より。左から永野芽郁、間宮祥太朗、竹内涼真、菅田将暉、野村周平、千葉雄大、志尊淳。

映画「帝一の國」の完成披露試写会より。左から永野芽郁、間宮祥太朗、竹内涼真、菅田将暉、野村周平、千葉雄大、志尊淳。

古屋兎丸原作による実写映画「帝一の國」の完成披露試写会が、本日4月11日に東京国際フォーラム ホールAにて開催された。

開演時間になると、間宮祥太朗扮する氷室ローランドによる「本日は海帝祭へようこそ! 氷室ローランドです」「私たちがありとあらゆる手で皆さまを、お・も・て・な・し、させていただきます」との場内アナウンスが響き渡り、赤場帝一役の菅田将暉、東郷菊馬役の野村周平、大鷹弾役の竹内涼真、榊原光明役の志尊淳、森園億人役の千葉雄大、白鳥美美子役の永野芽郁、間宮が登場した。

ステージに登壇すると男性キャスト陣は、バチを手に劇中でも披露する和太鼓を生演奏。パフォーマンスを終え菅田は「僕の人生の中でも、すごく大切な一日がこんな楽しい祭りになるとは思いませんでした」と挨拶する。壇上には永井聡監督も姿を表し、次々に挨拶していくキャスト陣について「キャストを決めたときはみんな(知名度的にも)こんなにすごい人たちになっていなかったので、出演してもらうことができました。1年後だったら集まらなかったメンバーです」とコメントした。

菅田は映画の出来について「ずっと『僕らからの果たし状にしよう』と言っていたんですが、いい果たし状になったと思います」と自信満々の様子。また永井監督が「控え室からなかなか出てこないくらい仲がよかった」とキャスト陣について言及すると、志尊は「周平が『淳、膝貸して』って言いながら寄ってきて、僕の膝の上で口をパクパクさせながら寝るんです」と撮影中のエピソードを明かす。すると野村は「そんなかわいいキャラでやってへんねん(笑)」と慌ててツッコミを入れた。

撮影中のエピソードについて、竹内は「休憩時間はみんなでいましたね。菅田くんがギターを持ってきてくれて歌を歌ったりしていました」と回想。志尊は光明というキャラクターについて、「かわいらしい役なので、現場でもかわいらしくいようと思っていたら、みんなもかわいがってくれて。でも芽郁ちゃんが現場に来たら、みんな『芽郁ちゃんかわいい』『お前はオカマみたいだな』と言って、ひどい仕打ちを受けました(笑)」と告白する。

永野が男性キャスト陣のやりとりについて、「盛り上がり方が男子校みたいで、すごく楽しそうでした」と振り返る。これを受け菅田は「ここでは喋れないようなことで盛り上がったり」と語りながら、「ラーメンを食べに行ったりしましたね。あと褌一丁になるシーンがあったので、それぞれの剃り残しの毛を確かめ合ったのは熱い友情でしたね」と撮影当時を懐かしんだ。

映画「帝一の國」は4月29日より、全国東宝系にてロードショー。なお発売中のジャンプスクエア5月号(集英社)には、69ページにおよぶ番外編がセンターカラーで掲載されている。

(c)2017フジテレビジョン 集英社 東宝 (c)古屋兎丸/集英社

コミックナタリーをフォロー