コミックナタリー

「アトム ザ・ビギニング」のWebラジオがスタート、AnimeJapanで公開録音も

365

「アトム ザ・ビギニング 7研 1031(テンサイ)ラジオ」ビジュアル

「アトム ザ・ビギニング 7研 1031(テンサイ)ラジオ」ビジュアル

テレビアニメ「アトム ザ・ビギニング」の情報を扱うWebラジオ「アトム ザ・ビギニング 7研 1031(テンサイ)ラジオ」が、インターネットラジオステーションの音泉にて4月3日より毎週月曜に配信される。パーソナリティはA106役の井上雄貴に加え、天馬午太郎役の中村悠一とお茶の水博志役の寺島拓篤の2人が交代で担当する。

また3月25日、26日に東京ビッグサイトにて行われる「AnimeJapan 2017」のNBCユニバーサルブース(J63)では、中村と寺島のボイスが聴けるQRコード付き情報誌や、原作マンガの試し読み小冊子を無料で配布。2日目の13時40分からは「7研1031ラジオ」の公開録音が行われ、中村、井上のほか、堤茂理也役の櫻井孝宏がゲストとして登場する。

月刊ヒーローズ(ヒーローズ)にて連載中の「アトム ザ・ビギニング」は手塚治虫「鉄腕アトム」を原案とし、原因不明の大災害に見舞われた近未来の日本を舞台に、アトムが誕生するまでを描いた物語。執筆は「RIDEBACK」「ザッドランナー」のカサハラテツローが手がけており、コンセプトワークスとしてゆうきまさみが、監修として手塚眞がそれぞれ参加している。アニメでは「踊る大捜査線」「PSYCHO-PASS サイコパス」の本広克行が総監督、「モーレツ宇宙海賊」の佐藤竜雄が監督、「BLOOD+」の藤咲淳一がシリーズ構成を担当。制作をOLM、Production I.G、SIGNAL.MDが手がける。

なおコミックナタリーではアニメ「アトム ザ・ビギニング」の特集を展開中。天馬とお茶の水という2人の博士について、「アトム ザ・ビギニング」「鉄腕アトム」を比較して紹介する。また佐藤竜雄監督とシリーズ構成・藤咲淳一の対談を実施し、カサハラテツローも関わったというアニメオリジナルエピソード、キャスト決定に関する裏話などについて話を聞いた。さらには本広総監督からもコメントが到着している。
※特集記事へはこちらから!
「アトム ザ・ビギニング」特集 佐藤竜雄監督×シリーズ構成・藤咲淳一対談 (1/5) - コミックナタリー Power Push

テレビアニメ「アトム ザ・ビギニング」

放送時間:2017年4月15日(土)より、毎週土曜23:00~
放送局:NHK総合テレビ

スタッフ

原案:手塚治虫
プロジェクト企画協力・監修:手塚眞
コンセプトワークス:ゆうきまさみ
漫画:カサハラテツロー(「月刊ヒーローズ」連載)
協力:手塚プロダクション
総監督:本広克行
監督:佐藤竜雄
シリーズ構成:藤咲淳一
キャラクターデザイン:吉松孝博
メカデザイン:常木志伸、石本剛啓、宮崎真一
プロップデザイン:めばち、今橋明日菜、吉田大洋
総作画監督:伊藤秀樹
色彩設計:田中美穂
美術:加藤浩
3DCG監督:菅野高明
モニターグラフィックス:青木隆
特殊効果:村上正博
撮影監督:佐藤哲平
編集:本田優規
音響監督:岩浪美和
音楽:朝倉紀行
アニメーション制作:OLM×Production I.G×SIGNAL.MD

キャスト

天馬午太郎:中村悠一
お茶の水博志:寺島拓篤
A106:井上雄貴
堤茂理也:櫻井孝宏
堤茂斗子:小松未可子
お茶の水蘭:佐倉綾音
伴俊作:河西健吾
伴健作:飛田展男
マリア:南條愛乃
ほか

(c)手塚プロダクション・ゆうきまさみ・カサハラテツロー・HERO'S/アトム ザ・ビギニング製作委員会

コミックナタリーをフォロー