コミックナタリー

REDいちご休刊号にて連載作品の今後が明らかに

125

チャンピオンREDいちご(秋田書店)が、本日8月5日に発売されたVol.45をもって休刊した。

車田正美原作による岡田芽武「聖闘士星矢EPISODE.G~アサシン~」、至道流星原作による佐藤健悦「大日本サムライガール」、フロントウイング原作・鳴海瑛ニ脚本による廣瀬周「グリザイアの果実~サンクチュアリ フェローズ~」は10月下旬にオープンするWEB雑誌にて続きが公開されていく予定。またKAKERUの「ゆけっ!! 悪の組織ダークドリーム!!」の続きもWEBにて発表されていくほか、月刊チャンピオンRED(秋田書店)と並行して連載されていた海月れおなの「ゆりめくる日々」シリーズは、同誌に引き続き掲載される。

また守月史貴「神さまの怨結び」、D.P「ポコと田舎でいっしょ!」、夏目文花「おんなのこスイッチ」、コバヤシテツヤ「僕の女神さま」、しまだわかば「ぽかぽかばんぱいあ」、kashmir「※生徒会がおいしくいただきました。」、そりむらようじ「アッパーガールズ!」、巻田佳春「れすきゅーME!」、ボウイナイフ「おくさまはヴァンパイア」、中山文十郎原作による星野円「えくすぷろ~ど∞」といった作品は、今号でそれぞれ最終回を迎えた。ほかにも、tenkla「ファイナルデッドストロベリーオブザデッド」とEBA「Love Ring~指輪の呪い~」の読み切り2作品が収められている。

コミックナタリーをフォロー