ナタリー PowerPush -日清食品 THE MANZAI 2013 特集

2013年12月15日(日) 19:00 ~ 21:39 決勝大会 フジテレビ系列にて生放送

本戦サーキット3戦目レポート

2013年11月9日(土) 東京・ルミネtheよしもと

<出場者>

アームストロング / ウエストランド / エルシャラカーニ / エレファントジョン / オジンオズボーン / かまいたち / サカイスト / 三四郎 / 三拍子 / 磁石 / チーモンチョーチュウ / 超新塾 / 天竺鼠 / どきどきキャンプ / トレンディエンジェル / 流れ星 / Hi-Hi / 風藤松原 / 三日月マンハッタン / レイザーラモン

 
mixiチェック

「審査対象外ですからね!?」ゼロ番手はダイタク

自称「認定MC」のあべこうじが「ここに賭けてるのよ」と漏らしつつ、のびのびとした進行で観客を楽しませたあと、惜しくも2回戦で敗れたダイタクが“ゼロ番手”として登場。大は「審査対象外」を連呼しハードルを下げに下げて笑いを誘う。双子の特性をうまく使ったネタはそんなハードルも軽く飛び越え、十二分に会場を温めた。

一癖も二癖もある豪腕漫才師たちの戦いがスタート

最初のブロックはチーモンチョーチュウから。フリの効いたボケに会場からは拍手笑いが巻き起こる。続いて3年連続「認定漫才師」のHi-Hiがステージへ。この日誕生日を迎えた上田が「漫才中にサプライズのケーキとかやめてよー!?」などと奔放な言動の数々で岩崎を翻弄した。かまいたちの漫才では、思い通りにいかない山内が「年上やぞ!」と濱家にお冠。サカイストはテンポのいいネタで次々と笑いを生む中、オシャレを通り越すデンペーがまたしても認定バッジをあらぬところに付けていることが発覚する。天竺鼠は登場するやいなや、川原が会場の度肝を抜くネタ運びでざわつかせた。

本戦サーキット第1戦で1位を獲得した風藤松原は、飄々としたスタイルながらも意表を突くボケを連発。エルシャラカーニは、しろうがパニックになればなるほど客席の笑いを増加させた。ちゅうえいのギャグとともにスタートを切る、流れ星の漫才にも会場は沸騰。アームストロングは安村の告白によって序盤の流れから一転、ネタ後半は意外な方向に転がっていく。新メンバー2名の加入で勢いに乗る超新塾は、それぞれの個性に磨きをかけたネタで観客を楽しませた。

個性的なネタ続く、なんでもあり「それがTHE MANZAI」

後半1組目はウエストランド。早々にマイクの高さを身長にあわせる井口は「マイクを下げてもよし! それがTHE MANZAI」と一挙一動で笑いをとっていくぬかりない構えだ。レイザーラモンはRGのアシストで、HGがどんどん姿を変えて笑いを増幅させていく。ボケだけでなく、佐々木の自問自答や名言でも強い印象を残した磁石に続き、エレファントジョンはふざけ倒す森枝とそれを引っ捕らえる加藤の応酬。三拍子は今年の話題をふんだんに盛り込んだ時事漫才で挑んだ。

最終ブロックも個性的な漫才師が並ぶ。どきどきキャンプのネタには、客席が笑い声で共感や納得を表明した。観る者を「びっくりさせたい」三日月マンハッタンは、ひねりの効いたボケで爆笑を狙う。「絶対頑張ります!」と登場した三四郎は本戦サーキット初進出。小宮の溢れんばかりの勢いに会場は圧倒された。トレンディエンジェルは斉藤がキレキレの動きで笑いを喚起。ラストを飾ったオジンオズボーンは、篠宮のとあるキャラクターが登場してしまうほど、高松が予想外の展開を導いた。

ボケ合戦の末「今日何の大会?」「THE SOMEDAYです」

審査結果を待つ間は出演者総出であべこうじとのトークを展開。あべはこの日が初戦の三拍子、超新塾、ウエストランドらにスポットを当てた。ウエストランド井口のギャグに、オジオズ篠宮から謎の「ワッチャォ!」の声が上がると、「日本ッテオモシロイ国デスネ」と超新塾の新メンバー・アイク。その表情に「腹立つわー」というあべが「腹立つあるある」を注文すると、RGは佐野元春の「SOMEDAY」を歌い出す。篠宮や磁石・永沢を巻き込み収拾がつかなくなったが、最後にバトンを受け取った流れ星ちゅうえいが見事持ちギャグへとつなげて落とした。

その様子に「今日何の大会?」とHi-Hi上田。RGは自信満々に「THE SOMEDAYです」と返答し、「THE MANZAIだよ!」というあべのまっとうなツッコミを受ける。滑舌が悪くあべと噛み合わない三四郎・小宮は、「聞こえたでしょ!」「しゃべってんだよ俺が!」と敬語もそっちのけで怒りをぶつけ、あべいわく「同じ匂いのする」井口のもとへ助けを求める一幕もあった。審査の結果は、既報の通り1位が天竺鼠、2位がチーモンチョーチュウ。あべが「大体エンディングで絡んでこない人が上位に入る」とコメントすると、さっきまではしゃいでいた面々は慌てふためくことに。

2位を獲得したチーモン白井は、甲高い声で「やったぞー!」と大喜び。チーモン菊地のブレイクダンスに、前回大会のワイルドカードで争ったエルシャラカーニしろうは不思議なダンスで対抗した。すでに大阪に向かった1位・天竺鼠の代役を務めるべく、アームストロング安村とRGが率先して前に出てきたが、あべに「よくそのクオリティで出てきたね」と言われる始末。最後は「締めちゅう(締めのちゅうえい)」のギャグが決まり、賑やかな本戦サーキット第3戦は終演となった。

本戦サーキット第3戦をギャグで締めくくる流れ星ちゅうえい(中央)。

DVD日清食品 THE MANZAI 2013

フジテレビ系列にて、2013年12月に生放送予定!

MC:ナインティナイン / 高島彩
佐野瑞樹 三田友梨佳(フジテレビアナウンサー)

最高顧問:ビートたけし

特集INDEX TOPへ
総合監修・藪木健太郎(フジテレビ)インタビュー
本戦サーキット1戦目レポート
本戦サーキット2戦目レポート
本戦サーキット3戦目レポート
本戦サーキット4戦目レポート
本戦サーキット5戦目レポート
ファイナリスト11組インタビュー