ナタリー PowerPush -日清食品 THE MANZAI 2013 特集

2013年12月15日(日) 19:00 ~ 21:39 決勝大会 フジテレビ系列にて生放送

決勝進出コメント(グループA)

1 レイザーラモン(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

左からHG、RG。

HG RG
結成:1997年7月
サーキットランキング:8位(25ポイント)
国民投票SP:42位

──お2人にとって「THE MANZAI」とは?

HG コンビでデビューして紆余曲折あって、ピン活動も目立っていた中、結成17年目でもう1度コンビで活動できるイベントなのかなと思いますね。

RG HGやりました、あるあるやりました、プロレスやりました。全部漫才のためだったのかなと。

──初めての決勝進出です。過去2回と何が違ったと思いますか?

RG 稽古量ですね。

HG (笑)。僕ら単独やってもほとんど稽古しなくて、2、30分ダラダラとネタやってて。4分という尺で収めるっていうので、きっちり稽古しました。

RG HGって「ハードゲイ」というキャラクターをやってたときにも、すごい隅々までこだわってやる男だったんですけど、その性格が漫才に生かされてたくさん稽古させられました(笑)。

HG 漫才ではスーツ着て、ツッコミやらせてもらうんですが、「ハードゲイ」からの修正が難しかったです。関西弁も「ハードゲイ」のときは封印していたので、戻すのに苦労しました。

RG 漫才を始めて1、2年目は、素顔で舞台に出て行ったらざわついてネタを聞いてくれなかった。やっと聞いてくれるようになったので、レイザーラモンをリセットして1からできるのは嬉しい。新人のつもりでいます。

──漫才を舞台で披露するのはどんな気持ちですか?

RG 今までネタでしっかりウケたことがなかったので、「これか!」と。みんながやってることをやっとできてるっていうか。

HG ボケてツッコんで笑いが起きるっていう。17年目にして初めてそれを経験してる感じがしますね。

RG 「芸人やってんなー」って思います。

──決勝でどういう漫才を見せたいですか?

RG レイザーラモンとして求められてるものって、ぶっ壊すことだと思うので。漫才というフォーマットの中で、ぶっ壊すようなことをやりたいと思います。

──優勝したら環境が変化すると思いますが、イメージできていますか?

RG 一番思ってるのが、荷物が少なくなるのが嬉しいですね(笑)。移動するのにね。

HG まあ僕らキャラ芸人は荷物が多いんで大変ですけど。そこじゃないでしょ(笑)。でも漫才師さんってスーツ1つ片手で持って、劇場に入って着替えて笑わせて帰るみたいな、すごいカッコいいイメージあったので。そうやって僕らもNGKだとかそういう劇場に颯爽と入って笑い取って帰るっていうのは憧れますし、なりたいですね。

左からHG、RG。

──優勝すればテレビ番組に呼ばれることも増えると思います。

RG 僕たちってワンポイントで出ることが多くて。トータル出演時間が1時間番組の中で1分とかだったので、長く映れる芸人としてのスタートだと思っています。

HG 僕なんてイスに座ることが少ないですからね。落ち着いておしゃべりできるなんて憧れますね。

──優勝する自信は?

HG 仕上がってます。

RG 今までにない漫才を見せられると思います。しかも今までのレイザーラモンのものもちゃんと生かしている。集大成です。

HG 17年をぎゅっと凝縮したネタを見せられると思います。

ファイナリスト11組 一覧へ

DVD日清食品 THE MANZAI 2013

フジテレビ系列にて、2013年12月に生放送予定!

MC:ナインティナイン / 高島彩
佐野瑞樹 三田友梨佳(フジテレビアナウンサー)

最高顧問:ビートたけし

特集INDEX TOPへ
総合監修・藪木健太郎(フジテレビ)インタビュー
本戦サーキット1戦目レポート
本戦サーキット2戦目レポート
本戦サーキット3戦目レポート
本戦サーキット4戦目レポート
本戦サーキット5戦目レポート
ファイナリスト11組インタビュー