お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

新メンバー、新企画、新会社、K-PROが2014年公約を大発表

126

昨日12月29日、東京・新宿バティオスにて、「K-PRO大忘年会&2014年戦略公約大発表会」が行われた。

東京のお笑いライブを根底から支え、来年いよいよ10周年を迎えるライブ制作会社K-PRO。同ライブでは、今や月間50本近く制作しているライブの中から、レギュラーライブの代表芸人と飛び入り芸人が参加し、各ライブの公約を発表した。

三四郎浜口浜村、ドリーマーズ出演の「3組のライブ(仮)」は、「2月より再スタート! 夏には大阪で開催!」が公約。シーランド、ジプシーダンス、浜口浜村、ドドん、三四郎、ブルーセレブ、モグライダーら出演の「新宿GO!GO!LIVE」は、「原点に返り、超若手7組の新ユニット結成! 現メンバーと並行し、2月より再スタート!」、ねじ、アイデンティティ、スカイラブハリケーン、だいなお、虹の黄昏、黒蟻ら出演の「キラーチューン」は「全公演黒字!そして、大運動会&バスツアー」が公約として発表された。エルシャラカーニ・セイワ肝煎りの新ネタライブ「ネタ9」は「新レギュラー、漫才師&コント師の2組が決定!」ということで、エレファントジョンとロビンソンズが新レギュラーに決定。「日本一のピンネタライブ」は、大輪教授が非常に集客がよかったときの教訓を生かし、「与座の裸を増やす」と宣言した。

三拍子がMCを務める「フランク」は「選抜メンバーを他K-PROライブに派遣、集客UPを目指します!」という公約で、MCの三拍子・高倉は「面白いのでぜひ観に来てほしい」とアピール。芸歴5年未満の若手バトル「若武者」は、「三四郎、浜口浜村、ザンゼンジ巨匠が卒業!トッパレへ!世代交代を進めます!」と改革の姿勢。実力を発揮し始めた芸人たちをワンランク上のライブで戦わせる。そこで、スパローズがMCを務めるK-PROメインバトルライブ「トッパレ」は、「2014年から月2回開催!『トッパレ』&『トッパレA(エース)』!」という公約を発表。「トッパレ」と「トッパレA」のランクは同等で来年1月からスタートし、MCはどちらもスパローズが務める。

また、K-PRO主催ユニットで、「キングオブコント2013」王者のかもめんたるを始め賞レースファイナリストを続々輩出しているFKD48からも発表が。その内容は「第2回新メンバーオーディション開催!必ずメンバー増やします!!」というもので、以前ライブでオーディションを行った際には、スパローズ、エルシャラカーニらが合格したものの加入を拒否している。リーダーの磁石・永沢は、「吹き溜まっていて、実力のある芸人を入れたい」と語った。

そして、K-PROから10周年を記念して「2月より毎月10周年スペシャルライブ開催!5月には『1週間ぶっ通し興行』開催決定!」と、お笑いファン必見のライブをプレゼント。5月の1週間はレギュラーライブより大きめの規模を考えているとのことだ。さらに、「K-PROとは別に新会社設立!某大物プロデューサーと提携し、若手芸人養成所をめざし動き出します!」と大発表。これには観客のみならず芸人たちも「えー!!」と仰天し、児島気奈代表の熱意にやられたスパローズ大和は「児島さんを『情熱大陸』に出したい」と言うと、芸人全員「賛成!」と声を上げた。

そのほかライブでは、「2013年を振り返ろう」「最後だからなんでも話します。超オフレコトークコーナー」「忘年会ねぎらいトーク」のコーナーを開催。オープニングは、無理矢理引っ張り出された児島代表の乾杯に始まり、スパローズの森田、大和両名による怒涛のイジりがフル回転し、最初のコーナーから爆笑の連続に。酒の勢いも手伝い各芸人たちも自由になり始め、酔っ払いも続出。大騒ぎの3時間半となった。

この日発表された企画や新ライブなどの詳細は決まり次第、K-PROオフィシャルサイトに掲載。年々、K-PROレギュラー芸人たちがどんどん活躍の場を広げているだけに、意気込み満載のこの公約がどのような力を発揮していくのか気になるところ。2014年のK-PROライブは今まで以上に見逃せないものになりそうだ。どのライブもチケットの購入はお早めに。

お笑いナタリーをフォロー