お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

K-PROの10周年記念興行第1弾「行列の先頭」大盛況

86

昨日2月6日、東京・なかのZERO小ホールにて「~K-PRO十周年記念興行第一弾~『行列の先頭24』」が開催され、賞レースチャンピオンやファイナリスト多数を含む19組が出演した。

「行列の先頭」は、2004年5月18日に東京・新宿Fu-でスタート。その後、K-PROのメインライブとして定期的に開催され、その名の通り、お笑いライブシーンの最先端で活躍する芸人たちを一挙に見ることができる人気ライブにまで成長した。2004年5月から今年2014年5月が10周年ということで、K-PROでは今年1年毎月スペシャルライブを行うことを約束。同ライブがその記念すべき第1弾となり、会場は満席の観客で埋め尽くされた。

オープニングに登場したのはエルシャラカーニグランジ。5月12日までにDVD「グランジ BEST NETA LIVE」が1万枚売れないと所属事務所を解雇になってしまうグランジは「K-PROさんおめでとうございます!!」「5月以降もよろしくお願いします!」と、まずはしっかりと大きな声で挨拶を。ライブスタートの掛け声は、話し合いの結果、エルシャラカーニしろうのギャグから「トマ」「トー!」というコールアンドレスポンスになってしまった。

スパナペンチラブレターズアルコ&ピース、グランジ、アキナ和牛がネタを披露したあとは、キングオブコメディが大阪から来た和牛&アキナとともにトーク。普段2組と絡む機会のないキンコメと2組は、ケータリングや小道具など、それぞれのライブ事情を打ち明け、互いにうらやましがっていた。三四郎ニューヨークラバーガールトップリード鬼ヶ島スパローズのネタ後は、「ハマカーン×スパローズ×バイきんぐ スペシャルトーク」と題したコーナーに。後輩のチャンピオンに挟まれて嫌がるスパローズだったが、同じ年に漫才とコントで賞を獲った2組に「どうなの?」と仕事の具合をニヤニヤ質問。ハマカーン浜谷が小峠の羽振りのよさをツッコむと、スパローズは「ろくでもないネタやってたのになあ」と、過去を懐かしむ場面も。もちろんそのまま終わるわけもなく、スパローズは「ゲスきわ見せてよー」「こんな日ないくらい喜ぶんじゃない?」とイジり始め、仕方なく浜谷と小峠が「ゲスの極み!」「なんて日だ!」とやると、スパローズは「相方バージョンも」「交換バージョンも」とはやし立てた。

最後は磁石、エルシャラカーニ、しずる、バイきんぐ、風藤松原、キングオブコメディ、ハマカーンが登場。エンディングのMCとして出てきたトップリード新妻は「すごーい! 豪華! 最高! チケット2万5000円くらいするんでしょ?」と、女子のようにこの日の豪華さを称えていた。告知タイムでは、「せっかく大阪から来たので」とアキナ山名が「誰よりも首を小さく横に振ることができる」という特技を披露。これに負けじと鬼ヶ島アイアム野田が「小さく縦に振ることができる」、三四郎・小宮が「誰よりも小さく喋ることができる」とできもしないことをやり出したが、最終的には3人でコラボしていた。

この日の来場者には全員に特製クリアファイルをプレゼント。10周年記念興行第2弾は、今月2月25日(火)に東京・座・高円寺2にて行われる「THE VERY BEST OF MANZAI2+(PLUS)」となっている。詳細はK-PROオフィシャルサイトにて。

THE VERY BEST OF MANZAI2+(PLUS)

日時:2014年2月25日(火) 18:30開場 19:00開演
会場:座・高円寺2
料金:前売2500円 当日2800円
出演者:磁石 / オジンオズボーン / 風藤松原 / マシンガンズ / ダーリンハニー / エレファントジョン / なすなかにし / 囲碁将棋 / 三四郎 / 浜口浜村 / スパナペンチ ほか
コント師ゲスト:ダブルブッキング / ラブレターズ / トップリード / 巨匠
チケット:ローソンチケット Lコード31494

お笑いナタリーをフォロー