K-PROが2015年戦略を発表、お笑い界を揺るがす怒涛の7大公約

8

106

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 60 86
  • 1 シェア

昨日12月29日に東京・赤坂RED/THEATERで「2015年戦略公約発表会&K-PROアワード2014」が開催され、K-PRO児島気奈代表から、2015年に向けて7つの戦略公約が発表された。

「K-PRO 2015年戦略公約発表会」発表係は前回に引き続いザンゼンジ武田。

「K-PRO 2015年戦略公約発表会」発表係は前回に引き続いザンゼンジ武田。

大きなサイズで見る(全13件)

昨年は上半期、下半期の2回にわけて「2014年戦略公約大発表会」を行い、10周年を記念するさまざまなライブのほか、レギュラーライブの改革案などを打ち出したK-PRO。今回は11年目を迎えるにあたり、どのような活動をしていくのか、「K-PROアワード」に続きMCのザンゼンジ、「K-PRO 2014 MVP賞」大賞のトップリード、「K-PRO最優秀新人賞」のリンゴスター、そしてエルシャラカーニ、モグライダー立ち合いのもと、児島代表自ら「自分の口からちゃんとお客さんに発表したい」と、その内容を明らかにした。

「モグフェス」にパニックとなり頭を抱えているのか思いきや、シャンプーをしていたともしげ。

「モグフェス」にパニックとなり頭を抱えているのか思いきや、シャンプーをしていたともしげ。[拡大]

1つ目は、今年の「ザンゼンジ10公演耐久ライブ」に続き、モグライダーによる耐久ライブ「モグフェス」を、1日2会場にて同時開催することを発表。これにはモグライダーの2人が大慌てで、「同時刻開催もある」という児島代表の言葉に、すでにパニックだったともしげが「分身の術だ!」と言うと、相方の芝が「違うよ! 分身の術じゃないよ!」とすぐさま否定する。

続いては、K-PRO最大のライブ「行列の先頭」を、2月17日(火)から3日間連続、東京・座・高円寺で開催。3日間行うため、これまで出演の機会がなかった若手芸人たちにもチャンスが訪れ、フルパワーズ、モダンボーイズ、モグライダーの出演が決定した。また今年に引き続き、毎月のスペシャルライブ、5月の「一週間ぶっ通し興行」を催行。驚く芸人たちだったが、トップリード和賀が「『トッパレ』連続はきつい」と本音を漏らすと、児島代表から「結局出られなかったじゃないですか」とツッコまれる場面も。

今年は三四郎、浜口浜村、ドリーマーズの3組が武者修行に行った大阪については、「東京のライブや東京の芸人はこんなに面白いんだ」ということを知ってほしいという思いから、4月に再上陸を決意した児島代表。「これぞK-PROライブというメンバーをリストアップしている」と気合いを見せる。

「北野演芸館的なライブ」という説明に芸人たちが「しっくりくる!」と納得した清和のライブ。

「北野演芸館的なライブ」という説明に芸人たちが「しっくりくる!」と納得した清和のライブ。[拡大]

そして新レギュラーライブとして、「語らせろ!!」で活躍を見せた“イタ熱い”ことねじ佐々木を中心としたコントユニットライブ、エルシャラカーニ清和が舞台袖から見て面白いと思った芸人たちを集めた、「北野演芸館」清和バージョンとも言えるセレクションネタライブ、バナナマン、ラーメンズ、おぎやはぎによる伝説のコントライブ「君の席」を超えることを目指したトップリード新妻演出のコントライブの3本を大発表。新妻のライブについては「新妻さんの頭の中にあるものを全部実現したい」「新ジャンルを作る勢いで」「憧れのライブはライブで超えたい」という児島代表の熱い言葉に、会場中が引き込まれていた。

また、11月の「トッパレチャンピオンカーニバル」で賞金10万円をめぐり、芸人たちがこれまでにないほど熱い戦いを繰り広げたことを受けて、来春賞金20万円のバトルライブを実施。これを春の最強ネタ決定戦とし、チャンピオンカーニバルを再び秋に行うことで、「春と秋の祭典」と位置付ける。

ビックリする武田。

ビックリする武田。[拡大]

最後は「行列の先頭 グランドカーニバル」と題して、K-PRO初のキャパ1000人超えにチャレンジすることを宣言。この理由について児島代表は「芸人さんにお笑いブーム最盛期だった頃の熱気を味わっていただきたい」「この位置で満足していたら、ライブはいつまでたってもテレビに勝てない」と、しっかり語った。さらに「地方をツアーで回りたい」という目標も明かし、「そのためにK-PROには何がたりないのかを東京で勉強させてもらいたい」と説明。「このライブだけは絶対失敗できないので、お目当ての芸人さんがいなくても、友達を誘って来てください!」と呼びかけた。

芸人たちは怒涛の発表に圧倒され、「いやーすごいわ」と脱帽。「気を抜いたら振り落される」と2015年に向けて褌を締め直す。「振り落されないために何をするんですか?」と聞かれた清和は「努力しかないでしょ」とこちらも気合十分。相方のしろうも「『トマトッ!』を超えるすごいギャグができる」とこれまでにない気合いを見せるも、周囲はあまり信じていない様子だった。

最後に「佐々木さんの『お笑いブームはここにある!』という言葉を信じて面白いことをやっていきたい!」と語った児島代表。2015年もお笑い界を揺るがす最高のライブが待っているので、ぜひお楽しみに。

K-PRO 2015年戦略公約

●2月22日(日) 東京・新宿バティオス&東京・新宿ハイジアV-1 耐久ライブシリーズ第2弾「モグフェス」開催
●2月17日(火)・18日(水)・19日(木) 「行列の先頭27 3days」開催
●2015年も毎月スペシャルライブ開催、そして5月には再び「一週間ぶっ通し興行」開催
●7月に大阪再上陸「K-PROライブ in 大阪」開催
●新レギュラーライブ3本発表
・ねじ佐々木のコントユニットライブ始動
・清和太一セレクションネタライブ
・打倒(&めざせ)「君の席」 トップリード新妻演出コントライブ旗上げ
●賞金20万「春の最強ネタ決定戦」開催
●「行列の先頭グランドカーニバル」開催、初の1000人越えに挑戦

この記事の画像(全13件)

読者の反応

  • 8

おもしろ動画の集まり! @fyjunyhohyc

K-PROが2015年戦略を発表、お笑い界を揺るがす怒涛の7大公約 http://t.co/ahRJDLwpTN

コメントを読む(8件)

関連記事

エルシャラカーニのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 エルシャラカーニ / ザンゼンジ / 浜口浜村 / リンゴスター の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。