お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

はいどうもー!コント師4組がK-PRO記念ライブで漫才熱演

76

K-PRO10周年記念興行第2弾「THE VERY BEST OF MANZAI2+(PLUS)」が昨日2月25日、東京・座・高円寺2にて開催され、コント師ゲストのラブレターズ巨匠ダブルブッキングトップリードが漫才を披露した。

5月に10周年を迎えるK-PROでは、この1年間毎月スペシャルライブを行うことを昨年末のトークライブで発表。同ライブは2月の「行列の先頭」に続く記念興行第2弾だ。囲碁将棋スパナペンチ浜口浜村ダーリンハニーエレファントジョンスピードワゴンなすなかにしマシンガンズ三四郎Hi-Hiオジンオズボーン磁石風藤松原だけでなく、コント師4組もこの日限りの漫才を繰り広げ、タイトル通り漫才尽くしの特別な一夜となった。

コント勢の先陣を切ったのはラブレターズ。両方のステージ袖から手を振りながら飛び出し、クロスしてセンターマイクの前の立ち位置へと収まった。「漫才では本音を言える」という説にもとづき、「オッパイってすごくいいよね」と漏らす溜口。塚本は「本音出たな、バカ!」と軽快にツッコミつつ溜口を上回る本音を爆発させていき、収集がつかず「もう終わろっか」とネタを締めくくった。

続く巨匠は「デブです。ヒゲです。巨匠です」と挨拶。しゃべくり漫才に意気込む岡野だったが、一発目のツッコミで本田は舞台に倒れこむ。「本田を殺してしまった」と慌てて電気ショックを与える岡野。コント同様、巨匠の世界観が溢れる熱演に観客も大喜びだ。3番手にはダブルブッキングが登場。川元がコントと比較して漫才の優位性を説いていく。フォローしつつもときに同調するツッコミの黒田は、「漫才ってズルい」と延々文句を言い続ける川元に「もうええわ」とツッコんでみせた。

コント師漫才のラストはトップリード。「がんばっていかなアカンなー」とコテコテの上方漫才師を演じる新妻がさっそく漫才コントに入るのかと思えば、キャラクターの設定が細かすぎて話が進まないのがコント職人たるゆえん。なかなかコントの世界から出てこない新妻に、和賀は「エルシャラカーニがここ(マイクの前)戻って来たらコントやめるって言ってたぞ!」と怒りをあらわに。伏線さえ回収する綿密な漫才コントを披露した新妻は「コントって楽しいね」と満足した様子だった。

4組がステージに揃うと、「はいどうもー!」の練習をしたことや、「THE MANZAI」後のオファーだったため、感化されて出演を即決してしまったことなど和気あいあいとトークを展開する。川元が「盛り上がってるところ悪いけど、巨匠とトップリードはコントじゃないですか」と追求するシーンもあったが、コント師同士「マイクの前に机があったら」と緊張から解放されたように語り合っていた。

囲碁将棋からスタートし、風藤松原が大トリを飾った漫才師たちのネタにも客席は大盛り上がり。エンディングではマシンガンズ西堀が、陰で練習していたという「コントの入り」を試す場面も。「あれえ? こんなところに喫茶店あったかなあ?」という芝居で笑いを誘い、最後まで賑やかなまま終演。来月3月25日にはK-PRO10周年記念興行第3弾として、「THE VERY BEST OF CONTE+(PLUS)」が開催される。この日のライブとは反対に、漫才師によるコントも披露されるのでぜひ会場へ足を運んでみよう。

THE VERY BEST OF CONTE+(PLUS)

日時:2014年3月25日(火) 18:30開場 19:00開演
会場:座・高円寺2
料金:前売2500円 当日2800円
出演者:キングオブコメディ / THE GEESE / ダブルブッキング / ジンカーズ / ジグザグジギー / ザンゼンジ / 巨匠 / 三四郎(漫才師ゲスト) / 浜口浜村(漫才師ゲスト) ほか
チケット:ローソンチケット(Lコード32944)にて販売中。

お笑いナタリーをフォロー