左からウエストランド井口、河本、TBSラジオの宮嵜守史プロデューサー。

2020年、いつもと違う年 その3 [バックナンバー]

TBSラジオ宮嵜守史氏×ウエストランド

有事のときこそ、知恵を絞って

588

新型コロナウイルスの流行で図らずも特別な年になった2020年を、お笑いに携わる人たちと気のおもむくままに振り返るインタビュー企画。第3回ではTBSラジオ「JUNK」などを担当する宮嵜守史プロデューサーと、ウエストランドの3名に話を聞きました。

取材 / 成田邦洋・狩野有理 文・撮影 / 狩野有理

TBSラジオ宮嵜守史P×ウエストランド インタビュー

僕は無観客のほうがよかったです

──今日はよろしくお願いします。

ウエストランド井口浩之 これってどういうインタビューなんですか?

──新型コロナウイルスのためにいつもと違う1年になった今年をざっくばらんに振り返ろうという企画です。みなさんには特に「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)を爆笑問題・田中さんがコロナの影響でお休みした今年8月、9月の放送回のことをお聞きしたくて。宮嵜さんには代役を立てるまでのいきさつ、ウエストランドのお二人には田中さんの代わりに出演することになった8月25日の話を中心にお伺いさせてください。

井口 ああ、なるほど。どういう3人?と思って(笑)。

──それは失礼しました(笑)。田中さん不在の「カーボーイ」最初の週を共に乗り切ったお三方です。まずは、コロナが日本でも流行し始めた頃のことは覚えていますか?

左からウエストランド井口、ウエストランド河本、宮嵜P。

左からウエストランド井口、ウエストランド河本、宮嵜P。

井口 僕がコロナっていうものを身近に感じたタイミングは、出場していた「R-1ぐらんぷり2020」の決勝が無観客になるらしい、と聞いた頃です。それまでは無観客ライブ自体がほとんどなかったですし、自分たちも出たことがなかったから、賞レースが無観客ってどうなっちゃうんだろうと思いましたね。

──「R-1」の決勝が無観客で開催されると発表があったのは2月27日のことでした。

宮嵜守史プロデューサー 確かに2月の前半くらいまでは“よその出来事”っていう印象はみんなどこかにあったよね。TBSラジオでは2月に「RADIO EXPO ~TBSラジオ万博2020~」というイベントを開催したんですが(参考記事:ウーチャカ&チャンサカ、爆笑太田&もぐらのカップル成立!2組が即席ラジオ)、終わってからいわゆるパンデミックな状態になって、「ギリギリやれていたんだね」って振り返ってみて実感しました。

──河本さんは?

ウエストランド河本太 2月の終わりにK-PROさんのライブが全公演中止になって、最初は1週間休演と言っていたのが10日になり、2週間になり、どんどん延長されていって、「あ、これは大変なことだぞ」と。結局そこから2カ月くらい芸人さんに会わずに過ごしました。

井口 せっかく「R-1」がんばって、敗者復活で2位になったのに誰からも何も言われませんでしたからね。普段だったら「よかったよ」とか「(決勝に)行ったと思ったのに」とか言ってもらえるんですけど、ライブが再開しないまま自粛期間に突入したから誰にも褒められなかったっていうのはめちゃくちゃ覚えてます。

──井口さんは敗者復活ステージに出場したわけですが、無観客の賞レースはどんな感じでしたか?

井口 無観客と言ってもスタッフさんがいたし、特に僕の場合はもともと芸人とか裏方さんに笑ってもらうような変なネタだったので、そこまでやりにくいなっていう感じはなかったです。ネタによってはしんどそうな人もいましたけど。

宮嵜 こういう世の中になって、基本的なことだけどお客さんの笑い声って本当に大切だなと思ったよね。演者さんにとってももちろんだけど、自分が面白いと思ったところで隣の人も笑ってる、じゃあ自分も笑っていいんだっていう確認ができたほうが見ている人も安心して笑えるじゃない。

井口 その相乗効果で笑い声が増えて、芸人も乗ってきますしね。

──11月初旬現在、最近は劇場も使用する座席数を以前同様に戻しつつあります。

井口 それこそ昨日の「M-1」2回戦は吉本(興業)さんの劇場でやりましたけど、8割まで増やしていました。久しぶりにお客さんがたくさん入っている舞台に立てて単純にうれしかったです。あれだけの笑い声があるとやっぱりやりやすい。

河本 僕は緊張してネタ飛んじゃいました(笑)。

井口 その様子はぜひ「M-1」のYouTubeで確認してください。明らかに飛んでるところがあると思うんで!

河本 だから僕は無観客のほうがよかったです。

井口 そんな芸人いないんだよ!

相方としゃべれるのがうれしくて泣くな!

──テレワーク、リモートワークが推奨されるようになりましたが、TBSラジオでは働き方に変化はありましたか?

宮嵜 どの企業もそうだと思いますが、打ち合わせや会議はできる限りリモートでやるようになりました。ただ、リモートのやりやすさとやりづらさが常に共存している感じです。

──宮嵜さんはリモートは得意なほうですか?

宮嵜 僕は苦手ですね。

井口 得意、不得意ありますよね。

宮嵜 リモート飲み会が流行ったときに(おぎやはぎ)小木さんの奥さんとリモート飲みしたんですよ。

井口 奈歩さんと?(笑)

宮嵜 そうそう。奈歩さんだから楽しくできましたけど、関係性の薄い人だと難しいだろうなって思いました。

井口 けっこうZoomで会話するのってテクニックいるんですよね。しゃべるぞって雰囲気出してからしゃべらないと。リモート酔いというか、あの分割の画面もだんだん見飽きてきて。

──ウエストランドのお二人は、いつもは通称“謎の屋敷”で収録して配信している「ぶちラジ!」にいち早くテレワークを導入して自宅から生配信していましたよね。

井口 僕ら自体はそういうのに疎いんですけど、スタッフさんたちが大得意な人たちだったからラッキーでしたね。Zoom配信もかなり早い段階からやりましたし、それに飽きたら今度は僕がやっているMinecraftっていうゲームの空間から配信したり。

マイクラの世界から「ぶちラジ!」をお届け。(画像はYouTube「ウエストランドのぶちラジ!」より。)

マイクラの世界から「ぶちラジ!」をお届け。(画像はYouTube「ウエストランドのぶちラジ!」より。)

──そんな期間を経て、久々に対面した回では河本さんがすごくうれしそうでした。

河本 泣くほど笑いましたね。

井口 僕はその前もちょこちょこお仕事があったんですけど、こいつはマジでずっと外出自粛していて。その収録が自粛明け一発目だったんです。

河本 人と生でしゃべることが久しぶりで興奮しました。涙出るくらいうれしかった。

井口 相方としゃべれるのがうれしくて泣くな! キモいから。でも外出できるようになって芸人と会えるようになったのは本当にうれしかったです。だって楽しいじゃないですか、おしゃべりって(笑)。芸人とのおしゃべりってやっぱり楽しいんですよ。

──宮嵜さんは基本的には出社されている?

宮嵜 そうですね。毎日生放送があるので、家でずっとやるっていうのはできなくて。

井口 ラジオだけはずっと放送されていましたもんね、自粛期間中も。

宮嵜 そうだね。だけど一時はやっぱり考えたよ。アーカイブを流す準備をしておいたほうがいいんじゃないかとか。僕が担当している深夜の番組のパーソナリティって大忙しな人ばかりじゃないですか。一番怖いのが、自分が感染してしまったときに与えるパーソナリティへの影響が大きすぎること。伊集院さんにしても爆笑問題にしても、山ちゃん(南海キャンディーズ・山里)、おぎやはぎ、バナナマン……。ラジオだけの人たちではないし、巨額が動いてるわけですから。

井口 僕もあの時期、爆笑さんに会いたくなかったですもん。自分がうつしたら最悪だから。

宮嵜 だから万が一を考えて、例えば金曜日の「バナナムーン」だったら「ヒムペキ傑作選」とか。一応スタッフに素材を集めてもらって、枠のナレーションだけバナナマンの二人にもらっておこう、と。それで1週分はしのげるので。

──テレビでは傑作選や再放送が当たり前でしたよね。

井口 でも、リスナーとしてはラジオが救いでしたよ。ラジオだけは毎週、通常放送をやってくれていたので。あと会う芸人に「最近どう?」って聞くと、「週1のラジオだけっすねー」って、みんなラジオの仕事が唯一の頼みの綱みたいでしたね。ライブとかテレビの出演はなくなってもラジオだけはあるっていう、それで芸人として保っている部分もありました。

宮嵜 ラジオって、密室にこもってしゃべるからテレビより危ないんじゃないの?という見られ方もするんですが、テレビに比べて関わる人数が圧倒的に少ないんですよ。極端に言えばパーソナリティが1人、中に入っていればいいだけなので。これはコロナがポロッと落とした面白いものの1つですけど、いつも前後で2本録りしているアルコ&ピースうしろシティでちょっとしたやり取りが生まれたこともありました。アルピーのラジオにうしろシティを乱入させる、みたいなことがこれまでもあったんですが、今はブースに人数制限がある。だから、うしろシティ阿諏訪くんを中に入れる代わりに、アルピーが自分の番組なのにどちらかが出ていくっていう。そういう遊びが生まれたのはコロナ禍という特殊な環境ならではでしたね。

「カーボーイ」ドタバタすぎて記憶あやふやな宮嵜P

──では、ウエストランドのお二人が田中さんの代打を務めた「爆笑問題カーボーイ」8月25日放送回の話に移りましょう。田中さんの妻の山口もえさんがコロナ陽性となり、田中さんは濃厚接触者にあたる可能性があるということで自宅待機となっていました。

井口 僕は家にいたらマネージャーさんから急に電話がかかってきて、「今からTBS行けるか?」と。なんでかわかんないですけど、そういうときっていつも理由を言ってくれないんですよ(笑)。ただ事ではない感じだけは伝わってきましたけど。

河本 シリアスぶるんです。

井口 「いつでもいけるようにしておいてくれ!」みたいに言われて、なんなんだろうってモヤモヤしながら待機していました。

宮嵜 僕は太田光代社長から電話があって、まず田中さんはお休みするとして、太田さんはどうしましょうかっていう話をしました。保健所がいう濃厚接触者にはあたらないけれど、大事をとってTBSラジオに来てもらうのはやめようということになり、赤坂にタイタンの分室みたいな場所があるからそこで収録しようと。実はコロナ禍の影響で「カーボーイ」の収録をそこで何度かやっているんですよ。夕方のチャイムが聞こえてくることありませんでした?

──ああ! そういえばそんなことがありましたね。

宮嵜 そこで収録している回なんです(笑)。換気のために窓を開けておかなきゃいけないから、外の音が入っちゃうっていう。

井口 びっくりですよね。「ぶちラジ!」で救急車のサイレンが入ることはよくありますけど、「カーボーイ」でチャイムって(笑)。

宮嵜 で、太田さん1人よりは誰かいたほうがいいだろうということで、ウエストランドに声をかけることになったんです。その場で光代社長が事務所に確認して、「今日ウエストランドって空いてる? え、河本がバイト!?」みたいな。「何時からTBSラジオに行けるか調べて!」って、本当にバタバタでした。

──河本さんはバイト中だった。

河本 はい。だからケータイをしばらく見ていなかったんですよ。時間が経ってから開いたら、3人くらいのマネージャーさんから鬼のように電話がかかってきていたので、「うわ、終わった」と思いました。何かがバレたなと。

井口 「バレた」ってことは何かしらやってることになるだろ!

河本 でもその中に「社長」ってあったから、これは井口がやらかしたんだろうなと思いましたね。

井口 もうクビ系のな。

河本 で、一番話しやすそうなマネージャーさんに折り返して、事情を聞いたら何かがバレたわけでも、クビでもなかった。

宮嵜 そのときは録音にするか生放送にするかも決まっていなかったんですよ。あれ? 結局どうしたんだっけ?

井口 生放送でした。

宮嵜 太田さんは来たんだっけ?

井口 来ました。……え、そんなに記憶ないんですか!?

記憶を失いかける宮嵜P(右)。手帳を見ながら回想する。

記憶を失いかける宮嵜P(右)。手帳を見ながら回想する。

宮嵜 本当にコロコロ状況が変わっていったから……。タイタンの分室には俺もいたよね?

井口 いましたよ。そしたら宮嵜さんが「なんか喉が痛い気がする」って言い出して。「俺もしんどい気がしてきた……」とか、完全に気持ちの問題(笑)。

宮嵜 そうだそうだ(笑)。で、太田さんは念のため自分でPCR検査を受けていたんですが、万が一陽性だったときのために火曜日の流れがあるからアルピーにも声をかけていたんですよ。アルピーとウエストランドでやろうと。でも今度は井口くんが少し前に太田さんと会っていたことがわかり、アルピーと河本くんになる可能性もあった。

井口 ドタバタでしたよね。

河本 僕は社長からメールで「今日頼むね。最悪スタジオ1人だから」って連絡をもらっていたんですけど、いやいや、そんなわけないだろうって。

井口 それはヤバいな(笑)。

宮嵜 たぶん、PCR検査の結果が何時に出るかわかんないっていうタイミングだったんだよ。結果が間に合わないようだったら太田さんと井口くんに分室にいてもらって、TBSのスタジオにいる河本くんとつなごうとしていて。だから「(河本が)スタジオに1人」っていうのはそういう意味。

河本 そういうことか。

宮嵜 こんなふうに常に最悪を想定して何パターンも用意しておかないと放送に穴を開けてしまうし、何より人の命にかかわることだから、それを最優先に考えていました。だから面白い面白くないは正直、その段階では考えられなかったですね。

──検査の結果太田さんは陰性で、最終的にはウエストランドと一緒にTBSのスタジオから生放送という形になりました。

「爆笑問題カーボーイ」に代打出演したウエストランド。(写真提供:TBSラジオ)

「爆笑問題カーボーイ」に代打出演したウエストランド。(写真提供:TBSラジオ)

井口 僕らとしてはその日急に決まったことが逆によかったです。1週間前に知らされていたら緊張が日に日に高まりますけど、もうやるしかないっていう。それに毎週聞いてるラジオですし、流れとかはわかっていたのでなんとかできました。ただ、その後すごい人たちが代打で出られたじゃないですか。

──田中さんが復帰するまでは、アンガールズのお二人、伊集院光さん、劇団ひとりさんが太田さんのパートナーとして出演しました。

河本 楽しかったですね。

井口 聴くのはな! Twitterで嫌なことも言われたんですよ。「ハズレ回」とか。アンガールズさん、伊集院さん、ひとりさんって並びで見たらそりゃそうですけど、こっちは急遽なんだから! 少しは汲んでくれよ!

宮嵜 さっき「そのときは面白いかどうかなんて考えられなかった」と言いましたけど、こういう仕事をしていると有事のときこそ燃える節もあって。もちろん事件とか事故なんて起こってほしくないですけど、そういうときこそ力が湧いてくるっていうのは感じましたね。

井口 太田さんこそ有事のときにすごい力を出す人ですよね。それを期待されている人でもあるし。伊集院さんの回もすごい言い合っていたじゃないですか。

宮嵜 伊集院さんも本当にありがたかった。実はウエストランドとの生放送の日、伊集院さんがTBSラジオにたまたまいらっしゃっていたんですよ。で、喫煙所にいた太田さんと「大変だね」なんつって雑談が始まって。僕は心の中で太田さんが「ちょっと(カーボーイに)出てよ」って言ってくれたらいいなって思っていて。「言え、言え!」って(笑)。結局言わなかったんですけど、ウエストランドとの生放送終わりに「太田さんが言えば絶対伊集院さん来てくれてましたよ」って話したんです。

河本 「心の中でずっと思ってたんですよ」って、全部言ってましたね(笑)。

宮嵜 そうそう。そしたら今度は伊集院さんが自分の番組で「太田さんが『助けてくれ』って言ってくれたら行ったのによー」とかって言ってくれて、これは実現したらリスナー的にもうれしいだろうなと。コロナは怖いし、田中さんも心配だけど、そんな中でもできる限りワクワクするようなことを提供したいと思って、改めて伊集院さんにお願いしたんですよ。

次のページ
「メガネびいき」もバタバタ、僕ら的には2020年はこれから

関連記事

ウエストランドのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 ウエストランド / 爆笑問題 / おぎやはぎ / アルコ&ピース / うしろシティ の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。