自粛タイムを笑って過ごす、芸人おすすめネタ動画 第5回 [バックナンバー]

ランジャタイ伊藤編

「まだまだお笑いはワクワクさせてくれますよ!」

245

新型コロナウイルス感染拡大防止のため外出自粛を余儀なくされ、お笑いライブも続々と中止が発表されている昨今。そんな状況に気を落としている読者に向けて、お笑いナタリーでは芸人におすすめネタを聞き、コメントと共に紹介していく連載企画を展開中。第5回はランジャタイ伊藤に登場してもらう。

ランジャタイ伊藤のおすすめネタ

モダンタイムス「ジジイ」

もしかしたら、最期まで売れないことで、モダンさんのお笑いは完成するのかもしれません。しかしそれでも、僕はモダンタイムスさんが売れまくってるとこが見たいです。

マツモトクラブ「ストリートミュージシャン」

「天狗の鼻ボキライブ」というライブで、マツクラさんのネタを初めて見ました。そのときの衝撃は、今もまったく色あせることなく僕の中にあります。マツクラさんがチャンピオンになって、モダンさんがチャンピオンになって、ランジャタイがチャンピオンになって、マツクランジャタイムスというライブをしたいのです。

ゾフィー「謝罪会見」

キングオブコント決勝で披露されたコントです。僕はこのコントの15分完全版?を生で客席の一番うしろに立ちながら見たことがあるのですが、ネタが終わった瞬間思わず、すげー!と口に出して言ってしまいました。コントってすごい!と思わされました。まだまだお笑いはワクワクさせてくれますよ!

コメント

みなさまいかがおすごしでしょうか。
僕はトイレットペーパーを切らしたままついに手に入れることができず、うんこをしたあとは毎回全裸になって水圧MAXのシャワーを割れ目穴に当てて洗い流すという毎日を送っています。ぴかぴかです。
そろそろきっと家に疲れてきたときだと思いますが、みんな家にいましょう!
家は楽しいです。
家の中では誰もが無敵になれます。
映画を観たりアニメを観たりマンガを読んだり小説を読んだりYouTubeでお笑い動画を見漁ったり宇宙についてめくるめく想いを馳せたりで、次から次へとやることがたくさんあります!
ここでは紹介できなかったですが、面白い漫才、コントたくさんあります!
名前を挙げるときりがなくなってしまうのでやめておきます!
こんなときにしか出会えない作品がたくさんありました!
今溢れんばかりに限界を超えて溜め込んで無限の未来に放出しましょうね。
あのとき家にいたということが財産になるような、あの時間があったから今があるといえるような、未来に生かせる過ごし方をしたいものです。
でっかくなってお会いしましょう!

お知らせ

「ランジャタイぽんぽこちゃんねる」というYouTubeチャンネルをしています! 毎週火曜土曜の21時から生配信する予定ですのでよかったら遊びに来てください! 動画もたくさんあります!
「ランジャタイぽんぽこちゃんねる」はこちらから

ランジャタイ伊藤

伊藤幸司(イトウコウジ)。1985年11月18日生まれ、鳥取県出身。趣味は読書、特技は水泳。NSC東京校在学中に知り合った国崎和也と2007年にコンビ結成。「ゴッドタン」(テレビ東京)の企画「この若手知ってんのか!?」にて“芸人が選ぶ天才芸人”として名前が挙がるなど、型破りな漫才が魅力。2017年にDVD「ランジャタイのキャハハのハ!」をリリース。グレープカンパニー所属。

バックナンバー

リンク

関連する特集・インタビュー

関連商品