ビスケットブラザーズ原田

自粛タイムを笑って過ごす、芸人おすすめネタ動画 第17回 [バックナンバー]

ビスケットブラザーズ原田編

「武のケモノと化しております」

229

新型コロナウイルス感染拡大防止のため外出自粛を余儀なくされ、お笑いライブもいつ再開されるのかわからない。そんな状況に気を落としている読者に向けて、お笑いナタリーでは芸人におすすめネタを聞き、コメントと共に紹介していく連載企画を展開中。第17回はビスケットブラザーズ原田に登場してもらう。

ビスケットブラザーズ原田のおすすめネタ

空気階段「14才」

空気階段のコントはボケ倒してるようで登場人物は誰もふざけていない。頭のおかしい世界のようでどこかではあるのじゃないかというリアリティが引き付けてくれます。いろんな考察が世の中には飛び交っていますが、デスノートの作者は水川かたまりだと思います。

ニッポンの社長「シャチと少年」

優しさや人はこうあるべきだという決めつけなどをニッポンの社長は吹っ飛ばしてくれます。子供の頃にニッポンの社長に出会わなくてよかった。出会っていたら僕は今ごろエレキギターを持っていたでしょう。

爆ノ介「アカン、詰んだ」

とても短い動画です。しかしこの動画にはストーリーが詰まっている。何があったのか、これから何が起こるのか、自分の頭で紡いではどうでしょうか。僕の頭では大好きだった街が爆発してエンドロールを迎えました。

コメント

ビスケットブラザーズ原田です。皆様は如何お過ごしでしょうか? 僕はというとですね、毎日、正拳突きの練習をしています。およそ肉といわれる肉が落ち、1万を超えたときから数えてもおりません。今も文章を正拳突きでタップして打ち込んでおりますゆえ、ほぼ途切れることはありません。武のケモノと化しております。人間の意識が残った状態で皆様に会えるのはこれが最後かもしれません。

お知らせ

今のところビスケットブラザーズはYouTubeチャンネルにて毎日、ラジオを更新しておりますがもうすぐにガルルとしか僕は言わなくなるでしょう。人間でいた頃の僕を忘れないように皆様、是非チャンネル登録をよろしくお願いします。

ビスケットブラザーズのYouTubeチャンネルはこちら

ビスケットブラザーズ原田

ビスケットブラザーズ

ビスケットブラザーズ

1992年1月10日生まれ、大阪府出身。養成所で出会ったきんと2010年にコンビ結成。コロコロチキンペッパーズ、マユリカ、男性ブランコらと同期。「キングオブコント2019」ファイナリスト。2020年に「上方漫才協会大賞」文芸部門賞を受賞。「第9回ytv漫才新人賞決定戦」(新型コロナウイルスの影響で開催延期)で決勝進出を果たしている。吉本興業所属。

バックナンバー

リンク