音楽ナタリー Power Push - the telephones

圏外直前!公園ミーティングで確かめあった4人の絆

公園で話し合って全部さらけ出した

──確かにバンドの状態がよくなければ、この作品は作れないと思います。世の中には活動休止や解散を決めたバンドが、契約上の理由で仕方なく作るラストアルバムというものもありますが。

岡本 ありますねー(笑)。

長島涼平(B, Cho)

長島 あるある、消化試合的なやつ(笑)。

──このアルバムはそういうものとは全然違う。

岡本 やっぱ青春感あるもんね。

石毛 最初のテーマのまま作ってたら、もしかしたら消化試合感出たかもしれないけど(笑)。

──うまく軌道修正できてよかったですね。

石毛 そのきっかけは、実は涼平の提案で。「今日はリハやめて、話し合いをしよう」って言ってくれた日があったんですよ。

長島 俺が「みんなで公園行こう」って。

──公園?

長島 まあ公園じゃなくてもよかったんですけど、楽器持った状態で話すのと、お酒飲みながら話すのとでは、たぶん本心の出方が違うんじゃないかと思って。

岡本 そうだね。

長島 スタジオで楽器持ってると、どっかで遠慮してしまう部分っていうのが絶対出てくるんですよ。だから一度腹の中を全部さらけ出して、思ってることを全部言い合ったほうがいいなと思って。じゃないといいテンションで制作に向かっていけないなって。

石毛 活動休止を発表して、俺らも弱ってたしね。

──そこでは具体的にどんな話をしたんですか?

the telephones

長島 その前に石毛さんが何曲か持ってきてたんだけど、それはthe telephonesを振り返るようなものだったんですよね。

石毛 こういう曲だったらファンは喜んでくれるかな、みたいな。

長島 でもやっぱりthe telephonesは、自分たちがカッコいいと思うものを疑いなくずっとやってきたバンドだから、その感じを俺はそのまま出したいって言ったんです。今できることを全部やりたいって。活動休止を発表したあとだからこそできることが絶対あると思ったんで。

──なるほど。

長島 そういう意識を共有して、あとはアルバムを作る上でのテンションというか、the telephonesとして進む方向はみんな同じじゃないとダメだから。それをあの日の公園で確認したんですよね。

自分がカッコいいと思うことを変える必要はない

──石毛さんが曲を作る上で、その話し合いが大きな契機になったということですか?

石毛 そうですね。そこからはもう迷いなくいい曲作ろうって思えるようになった。俺がそのとき気付いたのは、ファンを喜ばせようとかそんなこと考えなくても、もともとそういう曲作ってたよなってことだったんです。別に普通に自分が思った通りに曲作っても絶対盛り上がるところはあるし、いい曲になるって自信もあるし。自分がカッコいいと思うことを変える必要はないんだってことに何周かして気付いたというか(笑)。まずは自分が思った通りにやってみて、もしメンバーが「これはちょっとダサくない?」とか「やりたくない」って言ったら「そうだよね」って言えばいいだけなんです。

長島 そうなんですよ。やっぱり4人でモヤモヤしながらリハ入ってても仕方ないから。

石毛 変な話、10年間やってて一瞬仲が悪くなりそうな時期だったのかも。

岡本伸明(Syn, Cowbell, Shriek)

岡本 確かにね(笑)。

長島 あのまま続けてたら、ホントに仲悪い結末っていうのも考えられた。

石毛 うん、その可能性はゼロじゃなかったね。

長島 the telephonesは、メンバー全員が優しいんですよ。だから例えばバンドのことで意見がぶつかったりしても「ちょっと言い過ぎたな」って思うときはちゃんとあとからLINEとかで「ごめんね」って謝ったり。お互いに気を使ってるとこがあって、でも距離がある感じでもなくて、みんな優しくて本心からそういう感じになってる。でも今回はそれじゃダメだと思ったんですよね。ケンカしてもいいから腹の中を見せ合いたかった。なんかホントに、10回のリハよりも意味のある1回の公園だったなと思います。

岡本 よかったよね。30代の男4人が平日の真っ昼間の公園で酒飲みながら話してるっていう。

石毛 まあ涼平は飲んでなかったけど。

長島 俺クルマで来ちゃってたからね(笑)。

ニューアルバム「Bye Bye Hello」2015年7月22日発売 / Virgin Records
「Bye Bye Hello」
初回限定盤 [CD+DVD] 3780円 / TYCT-69083 / Amazon.co.jp
初回限定盤 [CD] 3024円 / TYCT-69084 / Amazon.co.jp
CD収録曲
  1. Amber Romance
  2. Something Good
  3. Last Night
  4. When The Zombies Come
  5. Pretty Pretty Pretty
  6. Never Say No
  7. Thank You DISCO!!!
  8. Relationships
  9. My Hero
  10. Let's Talk About Music
  11. Jesus
  12. Love Is All
  13. Evergreen
CD+DVD盤 DVD収録内容
  1. Used Skin(SUPER DISCO Hits !!! RETURNS ~FANTASTIC DISCO PARTY NIGHT~@ラフォーレ六本木)
  2. Love&DISCO(SUPER DISCO Hits !!! RETURNS ~FANTASTIC DISCO PARTY NIGHT~@ラフォーレ六本木)
  3. kiss me, love me, kiss me(SUPER DISCO Hits !!! RETURNS ~THE BEST DISCO PARTY NIGHT~@ラフォーレ六本木)
  4. Four Guys From Saitama City(SUPER DISCO Hits!!! "nico nico"@六本木ニコファーレ)
  5. Don't Stop The Move, Keep On Dancing!!! (SUPER DISCO Hits 9!!! CENTER OF THE DISCO!!!~TDCの真ん中でDISCOを叫ぶ~@TOKYO DOME CITY HALL)
  6. Say DISCO(武道館 DE DISCO!!!~SUPER DISCO Hits 10!!! the telephones 10th Anniversary~@日本武道館)
  7. Monkey Discooooooo(武道館 DE DISCO!!!~SUPER DISCO Hits 10!!! the telephones 10th Anniversary~@日本武道館)

初回限定盤のみ紙ジャケット仕様(売り切れ次第プラケースに切り替え)。「Last Party~We are DISCO!!!~」チケット先行抽選受付シリアルナンバー封入。

the telephones presents Last Party ~We are DISCO!!!~
  • 2015年11月3日(火・祝)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
    OPEN 9:30 / START 11:30
    <出演者>
    the telephones / サカナクション / THE BAWDIES / 9mm Parabellum Bullet / dustbox / and more
the telephones(テレフォンズ)

the telephones2005年に埼玉県浦和にて結成されたロックバンド。メンバーは石毛輝(Vo, G, Syn)、岡本伸明(Syn, Cowbell, Shriek)、長島涼平(B, Cho)、松本誠治(Dr)の4人。ポストパンク / ニューウェイブにも通じるダンスロックサウンドで各地のフェスを席巻し、2009年にEMIミュージック・ジャパン(現:ユニバーサルミュージック)と契約。同年7月にアルバム「DANCE FLOOR MONSTERS」でメジャーデビューを果たした。2011年には埼玉・さいたまスーパーアリーナでのワンマンライブ「SUPER DISCO Hits FINAL !!! ~そして伝説へ~」を開催。その後もコンスタントに新作をリリースし、2013年9月にはPOLYSICSと合同で初のヨーロッパツアーを敢行するなど、ワールドワイドに活動を展開する。結成10周年を迎える2015年3月にキャリア初のオールタイムベストアルバム「BEST HIT the telephones」をリリースし、同年5月に東京・日本武道館で単独ライブを開催。同年7月に7thアルバム「Bye Bye Hello」を発表。11月3日のさいたまスーパーアリーナ公演を最後に無期限で活動を休止する。