テミン「FAMOUS」 PR

テミン|思い描く自分自身を目指して 鮮烈に刻んだ経験と成長

テミン(SHINee)が8月28日にミニアルバム「FAMOUS」をリリースする。

「FAMOUS」はテミンにとって日本で3枚目となるミニアルバム。ブルーグリーンのヘアカラーと目の色が鮮烈なインパクトを与えるテミンのビジュアルも印象的な今作には、コンセプチュアルなタイトルトラック「Famous」やセクシーなボーカルで新境地を開いた「Slave」など、彼の新たな表現の幅を感じられる6曲が収められた。

リリースを記念して、音楽ナタリーではテミンにインタビューを実施。アリーナツアー「TAEMIN ARENA TOUR 2019 ~X™~」に込めたこだわりやミニアルバム制作エピソード、ソロ活動の中で感じるグループへの思いなどについて話を聞いた。

取材・文 / 三橋あずみ 撮影 / 斎藤大嗣

「X™」に込めたこだわり

──まずは初のソロアリーナツアー「TAEMIN ARENA TOUR 2019 ~X™~」のお話を。北海道と静岡、そして2年ぶりの日本武道館公演が終わったところですが、現時点での手応えはいかがですか?(取材は7月上旬に実施)

そうですね、およそ半分のスケジュールが終わったところですが、まずはアリーナツアーができることがとてもうれしいです。SHINeeとしてアリーナツアーを回ったり、ドームのステージに立ったことはあるけれど、「1人でできるのかな?」と思っていました。なので実現できてうれしいですし、いろんな経験をして成長できる機会だなと思います。

──テミンさんが今回のツアーを通して、ファンの皆さんに伝えたいことはどういったものでしょう?

言葉で何かを伝えたいというよりも、一緒に楽しみたいです。皆さんは僕のことを観に来てくれますけど、ただ僕を観るだけではなくて、一緒に盛り上がって声を出したり、コール&レスポンスをしてほしいなと思っていて。

──会場の一体感はすごいですから、テミンさんのその希望は実現していますね。

はい! 皆さんからのエネルギーが素晴らしいです。

──では、今回のツアーの中で、テミンさんが特にこだわったのは?

そうですね、大事なところ……1曲目の「TIGER」をアレンジすることにこだわりました。スタッフさんと相談して、急に曲が止まったり振り付けを変えたりして皆さんが驚くようなアレンジをしましたし、それと最後に披露する「Danger」も。(SHINeeの)「Sherlock」をマッシュアップしたのも、自分の意見を聞いてもらいました。

──「Danger」と「Sherlock」のマッシュアップにはすごく驚きましたが、テミンさんはどんなメッセージを込めてああいったアレンジに変えたんでしょう?

僕を観に来てくれる皆さんはほとんどSHINeeを応援してくれている皆さんなので、SHINeeの曲を聴けたらうれしいかな?と考えました。これはお客さんも自分も、ですね(笑)。そんなことを思いながら作ってみました。

──照明の動きや映像、ムービングステージを使っての舞台移動など、昨年のホールツアーからスケールアップしたアリーナツアーならではのダイナミックな演出が魅力のライブにもなっていると感じます。

テミン

アリーナはホールより大きいですから、移動することが醍醐味だと思っています。動くときは左側の皆さんの表情を見たり右側の皆さんの表情を見たりといった楽しさがありますね(笑)。スケールが大きくなって、ステージではリフトアップなどもできるので、僕も盛り上がるんです。例えばバラードのクライマックスでリフトが一番上まで上がるじゃないですか。そのときは、僕の気分も一緒に上がっています(笑)。

──面積が狭い不安定なリフトアップステージですが、怖さなどはないですか?

大丈夫です。実は手すりも付いているんですけど、1回も使ったことがないですね(笑)。手すりを使ってしまうと、そちらのほうに目が行ってしまうかもしれないので。

──また、ダンサーの皆さんとのパフォーマンスもダイナミックですごく見応えがあります。ずっと一緒にやられているチームだとは思いますが、チームワークが一層上がっているような感覚はありますか?

そうですね。ダンサーの皆さんとの関係は、どんどん気兼ねない関係で、密になっていると思います。そして、みんなが「テミンのため」じゃなくて「自分たちの公演だ」と思ってくれていることに感謝しています。ただ自分の役割をがんばるだけじゃなくて、全員のために動いてくれているというか。そんなチームワークができています。

──皆さんのパートナーシップがすごくよいんだろうなと、観ていて感じました。

みんな「合わせる」のが得意なんです。もともとのダンススタイルは違うのに、僕のスタイルに合わせてくれるのもすばらしいと思います。特に(仲宗根)梨乃さんが、ツアーのスタートのときからダンサーの皆さんを、気持ちの面でもリードしてくれました。

変化することが必要

テミン

──ちなみに、今回のツアーでテミンさんはヘアカラーでもファンの皆さんを驚かせていますよね。静岡公演ではグリーンの髪色に、続く日本武道館では金色に変わっていました。ファンの皆さんの反応を見て、どう思いましたか?

皆さんビックリしてくれましたね(笑)。髪色もそうですが、ツアー中はできれば変化することが必要だと思っています。なぜなら、いつでも同じ姿を見せるのはつまらないじゃないですか。いつも違う雰囲気を出すために工夫しています。

──グリーンは、なぜこの色を選んだんですか?

実は「FAMOUS」のビジュアル撮影のために染めました。今までにやらなかった色ということで選んだんです。

──私たちからすると、グリーンは“SHINeeカラー”という印象が一番に来るのですが、テミンさんにとってはいかがでしょう……?

もちろん“SHINeeの色”ということを一番に思います。ただ……本当はグリーンとブルーのちょうど間の色に染めたかったんです。だけど、ほとんどグリーンになっちゃって「これはどうしてだろう?」と思いました(笑)。でも本当に、自分にとって新鮮なヘアカラーだったのですごく楽しかったです。