中島愛「サタデー・ナイト・クエスチョン」 PR

中島愛|フジファブリックとのコラボでたどり着いた“大人の歌”

“歳相応の音楽”の端っこをグッとつかめた

──今作でまた新たな挑戦をしてみて、ご自身の中で新しい気付きはありましたか?

中島愛

復帰第1作の「ワタシノセカイ」を出せたところからつながっているんですけど、「ワタシノセカイ」の3曲ができたことで、私もまだまだ王道ド真ん中のポップスとか疾走感のあるカラッとしたロックが歌えるんだなという、土台としての自信が付いて。まったく自信がなかったところから、まだ見ぬ場所に一歩足を踏み入れたわけですけど……今は「私の音楽を面白がってくれる人は、まだもうちょっといるかもな」と思えるまでになりました。

──まだやったことのない音楽ジャンルなど、これから挑戦してみたいと考えていることは?

2014年のナタリーさんのインタビュー(参照:中島愛「Thank You」発売記念 活動休止前ラストインタビュー)で私、「今までは自分の中の“青春”というタンクに詰められたものだけで歌ってきた気がするから、大人の歌を歌える自分になるために休みます」という話をしましたけど、今回のシングルではそれができたなと思っているんです。アニメのタイアップとは言え、ファンタジーだけじゃないリアルが歌えた。今回はフジファブリックさんが持っている“日常の狂気”みたいな、普通の人が持っているちょっと引っかかる気持ちみたいなものを、かなりストレートな言葉で歌わせてもらいましたけど、それが当時私がやりたいと思っていた“歳相応の音楽”だったんです。その端っこをグッとつかむことができた気がするので、まあそればかりではないですけど、年齢に合った歌の幅はもっと広げていきたいですね。

──身の丈に合った歌を。

はい。私は年齢を意識しながら毎日過ごしているので、今回は28歳だからこその歌が歌えたと思いますし、これから例えば三十代になったら、二十代後半にあったヒリヒリ感は消えてパーンと開けるかもしれない。その時々の自分に抗わず、面白いことがやりたいです。そう思うだけじゃなく、やれるだろうなという確信が持てました。アニメソングはジャンル的にボーダーレスなのが最大の強みだと思うので、これを生かしていろんなジャンルに挑戦していきたいです。あとは叶うなら……私が好きな、歌謡曲の時代を支えてきた作家さんとお仕事がしたいですね。

FCイベントとLip'sとPAELLASと

──12月2日にはファンクラブ限定イベント「あなたと愛と」が控えていますが、この日は活動再開を宣言してから1年なんですね。

中島愛

はい。まだセットリストは決定してないんですけど、私の構想としては、キャラクターソングだったり、普段のライブではなかなかセットリストに入ってこないけど歌いたい曲を並べたものにしたいなと。お休みしていた間にいろんなアーティストさんのライブを拝見して、やっぱりファンクラブに入ってまで応援してくださる熱意は並々ならぬものだなと実感したんです。前は「私のファンクラブができたんだ、うれしい! みんな入ってね!」みたいな若々しい気持ちでしかなかったですけど、今は「ああ、これだけたくさんの方が来てくれるんだな」というのがすごく実感として理解できるので、ならばそれに見合ったものを提供しないといけないし、出し惜しみしちゃいけないなって。どうしても「あの曲が聴けなかったな」というのは出てくると思うんですけど、「あの曲が聴けるとは思わなかった」とみんなに思ってもらえるようなライブにしたいです。

──余談ですが、最近はどんな音楽を聴いてますか?

過去のものだと、Lip'sというアイドルグループにハマっています。女優の加藤貴子さんが所属していた3人組のアイドルで、1990年ぐらいにUCCのタイアップで生まれたグループだそうなんですけど、曲のアレンジが清水信之さんだったりしてすごくカッコいいんですよ。「Splendid Love」という曲が大好きで。唯一出ているアルバムはなぜか「これ、うまいぢゃん」っていう変なタイトルなんですけど(笑)。

──アナログからCDに切り替わったあたりの時期ですね。

はい。1990年代のその時期のアイドルさんもすごくよくて、宍戸留美さんとか乙女塾とか、今はそのターンが私の中で来ています。最近の音楽だと……あまり詳しくは知らないんですけど、CSの音楽番組を見ていて気になったのがPAELLASというバンドです。「Shooting Star」という曲をたまたま耳にして、すぐにCDを買いました。たぶん同世代か少し下の方だと思うんですけど。相変わらずレコードを探すのは楽しいんですけど、最新の音楽にも敏感でいたいので、最近はいろいろチェックしています。

中島愛
中島愛「サタデー・ナイト・クエスチョン」
2017年10月25日発売 / FlyingDog
中島愛「サタデー・ナイト・クエスチョン」

[CD]
1404円 / VTCL-35261

Amazon.co.jp

収録曲
  1. サタデー・ナイト・クエスチョン
    [作詞:加藤慎一 / 作曲:山内総一郎 / 編曲:フジファブリック]
  2. はぐれた小鳥と夜明けの空
    [作詞:ボンジュール鈴木 / 作曲:ボンジュール鈴木、Tomggg / 編曲:Tomggg]
  3. サタデー・ナイト・クエスチョン -Instrumental-
  4. はぐれた小鳥と夜明けの空 -Instrumental-
TVアニメ「ネト充のススメ」OP&EDスペシャルイベント

2017年11月18日(土)神奈川県 ラゾーナ川崎プラザ 2Fルーファ広場 グランドステージ
START 14:00

出演者中島愛 / 相坂優歌

内容ミニライブ&特典会(ハイタッチ&スタッフによる特典お渡し)

ファンクラブイベント「あなたと愛と」

2017年12月2日(土)東京都 ラフォーレミュージアム原宿

[昼の部]OPEN 13:30 / START 14:30
[夜の部]OPEN 17:00 / START 18:00

中島愛(ナカジマメグミ)
中島愛
6月5日生まれ、ふたご座のA型。アニメ「マクロスF(フロンティア)」のヒロインのランカ・リー役に抜擢され、2008年6月に「ランカ・リー=中島 愛」名義によるシングル「星間飛行」で歌手デビューを果たす。2014年3月より音楽活動を休止していたが、2016年12月に活動再開を発表。2017年2月には復帰第1弾となるシングル「ワタシノセカイ」をリリースし、6月には東京・ステラボールでワンマンライブ「Megumi Nakajima Live 2017 "Love for you"」を開催した。10月には復帰第2弾となるニューシングル「サタデー・ナイト・クエスチョン」をリリース。表題曲はテレビアニメ「ネト充のススメ」のオープニングテーマに採用された。