ナタリー PowerPush - ももいろクローバーZ

レギュラーラジオ公式本完成!百田&高城が語るラジオと紅白会見後のこと

ももいろクローバーZ唯一の冠レギュラーラジオ番組としてニッポン放送他全国22のラジオ局で放送されている「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo」は、ももクロメンバーによる自由でハチャメチャなトークが魅力の人気番組だ。今回この番組の公式ブック「うーぶろん・ら・ぽるとー!」が7月25日に発売されることを記念し、ナタリーでは、百田夏菜子と高城れにへのインタビューを敢行。番組のこと、公式ブックのオリジナル企画のこと、さらに本の付録CDに収録されている「第63回NHK紅白歌合戦」初出場歌手の発表直後にメンバーが語った感謝の言葉などについて、じっくりと話を聞いた。

取材・文・企画 / 富樫奈緒子 撮影 / 堀口綾

 
mixiチェック

「ももクロくらぶxoxo」はももクロが素で話してるラジオ番組

──ついに「ももクロくらぶxoxo」の公式ブック「うーぶろん・ら・ぽるとー!」が完成しましたね。

百田夏菜子高城れに イエーイ!

──「ももクロくらぶxoxo」はももクロにとって初めてのラジオでのレギュラー冠番組として2012年の4月から放送されています。ラジオ番組のパーソナリティのお仕事についてお2人はどう感じていますか?

写真左から高城れに、佐々木彩夏、百田夏菜子

百田 楽しい!

高城 楽しい! 「ももクロくらぶxoxo」は特に楽しい。

──この本には付録として3つの音源が入ったCDがついてくるんですけど、そのうちの1つが「ももクロくらぶxoxoベストセレクション総集編」と題した初回からのダイジェスト版なんですよね。これを聞いてみると、第1回目の放送がものすごく初々しいんですよ。

百田 そんなに? 全然違う?

──そうですね。ちょっと緊張感があるというか……それに比べて最近は(笑)。

百田 ちょっと待って! 今だって緊張感あるよ!(笑)

──でもだいぶ慣れてきたというか、番組を聞いていると、自分たちで考えながら自由に進行している感じが伝わってきます。

高城 なんか、ほかのラジオとかはやっぱりまだ緊張するんです。緊張して、なかなか慣れなかったりして。だけど「ももクロくらぶxoxo」は慣れました。

──どこまで自由にやっていいかの感覚がわかってきた感じ?

高城 うん。自由にやってみたら、なんかそれも「面白い」って受け止めてもらえるんだということがわかってきてやりやすいというか。

──百田さんはどうですか?

百田夏菜子

百田 「ももクロくらぶxoxo」の場合は、スタッフさんが私たちにまかせてくれてるんです。流れだけ覚えておけば、あとはもう「どうぞ!」みたいな感じで。まあ、その流れにも沿うこともないんですけど(笑)。そういう感じだから素で話してる感覚はありますね。ものすごいくだらない話とかはゲストで他の番組に出させていただいたときはそんなにできないので、「ももクロくらぶxoxo」で普通に「最近どうよ?」みたいな話ができるのは楽しいです。ファンの方も聞いてくれていて、「ももクロくらぶxoxo」が放送される日ってけっこうたくさんの人がブログにコメントしてくれるんですよ。

──ファンの人たちにも楽しさが伝わってるということですね。

百田 うん。それで感想とか書いてもらえるのはうれしいなって思います。

──でもそんなに普段から素を隠してる感じはしないような……。

百田 隠してんの!(笑)

「うちらで番組作れる!」って思った

──付録のCDでは、「ももクロだけで番組づくりに挑戦!」という企画のもと、5人で制作したラジオ番組も収録されています。公式ブックにはその収録現場のレポートが載っていますね。

百田 あれめっちゃ面白かった! めっちゃ楽しかったよね。

写真左から高城れに、佐々木彩夏、百田夏菜子

高城 うん、楽しかった! 全部のラジオ局で番組をあんなふうに作れたら、すべてのラジオが楽しくなるのにって思った(笑)。

百田 「うちらで番組作れる!」って思った。

高城 うん、できると思ったよね。

百田 ね。

高城 全部台本作ってね。

番組プロデューサー松岡 できると思ったの? もう俺らいらないってこと?

高城 (聞く耳持たず)単独放送局とか作ろうかな。

百田 ももクロ放送局っていうのを作る? じゃあもうニッポン放送さんとはお別れか……。

番組プロデューサー松岡 ちょっと待ってよ!!

高城 お世話になりました……。

──いやいやいやいや(笑)。この付録CDの番組では高城さんがディレクターを担当したんですよね? やってみて、ディレクターという仕事のすごさを感じたりとかもあったでしょう?

高城 なんか……。

百田 あるでしょ。ほら出てくるよ。

高城れに

高城 なんか、番組の中でムチャぶりをしたりしたんですけど、ムチャぶりってするほうもすごいんだなって思いました。頭の回転が早くないとできないなって。

──本を読みながら聞くとわかりますが、ディレクターの高城さんが有安さんにとあるムチャぶりをしてますよね。

高城 うん。ムチャぶりしたの。番組でかける曲が、杏果にムチャぶりしたくなるやつだったから……。

百田 ヤバいよね、あの曲。笑ったでしょ?

──はい、笑いました(笑)。笑いましたけど、これはCDを聞いてるだけじゃ何をしてるのかよくわからなくて、本を読みながら聞くことで初めて成り立つんじゃないかと思いました。

高城 そう。だからこの本を読みながら一緒に聞くわけですよ!

百田 じゃあこのCDを聞くときは本も買って読みながら聞かないとダメってこと?

──いや、だから本の付録でCDがついてくるんですって!(笑)

百田 あ、そっかそっか(笑)。

ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo 公式ブック「うーぶろん・ら・ぽるとー!」 / 2013年7月25日発売 / 1575円 / B5版 96ページ(付録CD付き)/ 発行:ニッポン放送 / 発売:扶桑社
ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo 公式ブック「うーぶろん・ら・ぽるとー!」
付録:超保存版!オリジナルコンテンツCD(収録時間77分)
  • 『ももクロくらぶxoxo』ベストセレクション総集編(収録時間18分)
  • 労働の部屋Special~5人で番組づくりに挑戦~(収録時間28分)
  • 『ももいろクローバーZのオールナイトニッポン』
    紅白出場決定!感謝のことば ノーカット版(収録時間31分)

ニッポン放送でオンエアされているももいろクローバーZのレギュラーラジオ番組「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo」初の公式ブック。

ももクロメンバーがオリジナルコスチュームで登場しニッポン放送を案内したり、5人でのラジオ番組作りに挑戦するなど、この本だけのオリジナル企画や撮り下ろし写真も満載。過去に行われた公開収録の様子も掲載されている。またオリジナルCDが付録としてついており、実際に5人が作った番組や「ももクロくらぶxoxo」のダイジェスト版、さらにNHK紅白歌合戦初出場が発表された当日の2012年11月26日深夜に放送された「ももいろクローバーZのオールナイトニッポン」にて、メンバー1人ひとりが述べた「感謝の言葉」がノーカットで収録されている。

ももいろクローバーZ(ももいろくろーばーぜっと)

ももいろクローバーZ

百田夏菜子、佐々木彩夏、玉井詩織、有安杏果、高城れにの5人からなるアイドルグループ。

2008年に「ももいろクローバー」として結成。「週末ヒロイン」「いま、会えるアイドル」というキャッチフレーズのもと全国津々浦々でライブ活動を行い、2009年7月には1stシングル「ももいろパンチ」をリリース。2010年5月にはシングル「行くぜっ!怪盗少女」でメジャーデビューを果たした。 2011年4月に行われた中野サンプラザ公演を最後に、メンバーの早見あかりがグループを脱退。このライブ終了直後に「ももいろクローバーZ」へ改名し、5人編成での活動をスタートさせた。

2011年7月にはももいろクローバーZ改名後初のシングル「Z伝説 ~終わりなき革命~」「D'の純情」を発表。同年7月に発売された1stアルバム「バトル アンド ロマンス」は、全日本CDショップ店員組合が選出する「第4回CDショップ大賞」で大賞を受賞した。2013年4月には2ndアルバム「5TH DIMENSION」をリリース。