音楽ナタリー Power Push - 水樹奈々

「急」「実」「驚」な2016年と“新第三紀”の創造

水樹奈々が通算12枚目のフルアルバム「NEOGENE CREATION」を完成させた。「新第三紀の創造」という意味を持つタイトルが冠された今作は、シンフォニックで幻想的な楽曲よりも、水樹の等身大の姿や人肌を感じさせるようなリアリティを持つ楽曲を多く含み、近年の作品とは趣を異にする1枚に仕上がっている。

自身の音楽活動を7年区切りで総括した東京・東京ドーム2DAYS「NANA MIZUKI LIVE GALAXY 2016」、長年の夢だった兵庫・阪神甲子園球場でのワンマンライブ実現、歴史あるアコースティックライブ企画「MTV Unplugged」への出演などを体験した水樹が、そんな2016年を締めくくるアルバムにどんな思いを込めたのか。12月上旬、アルバム制作の全工程を終え、年始に迫る全国ツアー「NANA MIZUKI LIVE ZIPANGU 2017」のリハーサルを行っていた水樹にたっぷりと語ってもらった。

取材・文 / 臼杵成晃

  • 180

    152

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猪突猛進型からの変化

──まずは2016年を振り返っていただけますか。今年はツアーはなかったものの、座長公演、東京ドーム公演、念願の甲子園球場ライブ、「MTV Unplugged」と、さまざまなライブがありました。

本当にいろんなことがあった濃い1年でした。座長公演がものすごく前のことのように感じます。すごく充実してたし、とにかく時間が足りなかった(笑)。ツアーの場合は、リハーサルから始まって、ツアー初日から千秋楽までと、1つの流れがある中で、時間をかけて練り上げていく感じなんですけど、今年はすべて単発公演で、1つひとつ瞬発力が試されるものだったから、それぞれにかける時間も限られていて。「集中力が途切れたら負け!」みたいな、常に戦ってる感じがありました。

──なるほど、そうですよね。

水樹奈々

これまでは私、ワンパターンな戦い方しかできなくて。がっぷり四つに組んで寄り切りしかできないというか(笑)、まっすぐ猪のように突進することしかできていなかったと思うんです。それが……ちょっとだけ大人になったからなのか、いろんな角度から攻めてみようと考えられるようになりました。「もしうまくいかなかったとしても、そこから見出せるものがあるはずだ」と失敗を恐れずに、大胆に飛び込めるようになった1年でしたね。座長公演も今回で4度目だったのですが、今年は77人斬で200以上の手数を覚えたり(参照:水樹奈々、座長公演「大いに唄う」で桃太郎に扮し77人斬りの大立ち回り)、東京ドーム(参照:ほうきで空中飛行も、水樹奈々東京ドーム2DAYS完遂「夢は尽きない」)ではほうきに跨って空を飛んでみたり(笑)。

──水樹さんは過去にも、シルク・ドゥ・ソレイユ仕込みの空中浮遊などの派手なフライングに挑戦してきましたけど、ほうきで空を飛ぶという演出はインパクトが強かったですね。

「魔法少女みたいに、ほうきで飛びたいんです!」って提案しました(笑)。そういう演出面での試みもあれば、アンプラグドライブでは、伝統あるステージにどうやって自分のカラーを落とし込むのかという課題があって。ベクトルは全然違うんですけど、それぞれに新たなチャレンジ要素がしっかりと組み込まれていて。今までだったら、こんな大胆な発想はできなかったかもしれない。

──年齢と共に経験値を重ねてきた今のタイミングと、幅広い表現を求められる環境が用意されたからこそ、今までの猪突猛進型とは違った戦い方ができた?

そんな気がします。大前提として「皆さんが今までに観てくださったステージよりパワーアップしたものを、進化した自分を」という気持ちがあって。それは単にお金をかけた派手な演出を見せるだけじゃなくて、アイデアと努力でびっくりさせられることもきっとたくさんあるはずだと思って、そのバリエーションを今年は増やしていきたいという目標を持って活動してきました。

2016年は「急」「実」「驚」

──充実した2016年の締めくくりとして、12枚目のフルアルバム「NEOGENE CREATION」が完成しました。スタッフの方の話によると、本来は今年アルバムを作る予定ではなかったとか。

そうなんですよ! 来年か再来年かなあなんてぼんやり話してたんですけど、7月にリリースしたシングル「STARTING NOW!」を作っていたとき……ちょうど東京ドームのリハーサルをしていた頃、デモテープを集め始めて制作を進めていたんですけど、集まったデモテープの中に「今すぐ形にしたい!」と思う曲がいくつもあったんです。決定打は「STAND UP!」に出会ったことです。「この曲を甲子園で歌いたい!」って。実は……今年は「実は」が本当に多いんですけど(笑)、東京ドームも甲子園も、急に決まった話だったんです。本当は秋にツアーをやる予定だったんですけど、急に「甲子園ライブができるかも!」というお話をいただいて、水樹奈々の2016年下半期のスケジュールがガラリと変わったんです。

──本来ならば、夏にシングルを出して、秋にツアーで全国を回って、という。

はい。「秋ツアーは新曲が少ないぶん、これまでの楽曲からバラエティに富んだ選曲で」なんて考えていたので、アルバムを作る予定は春頃の時点ではまったくなかったんです。でも甲子園ライブが決まって、「STAND UP!」という曲に出会ったときに、「お披露目したあとなるべく早く形にしたい! そしてほかにもすぐ形にしたい曲がたくさんある。じゃあ、アルバムを作っちゃおう!」って。

──なるほど。先日、1年の世相を反映した2016年の漢字は「金」に決まりましたけど、水樹さん的には「急」や「実」が選ばれそうですね。

そうですね! あと「驚」ですね(笑)。驚きっぱなしの1年でした。

「新しい遺伝子を創造する水樹奈々の第三紀」

──今回の作品は、ここ最近のアルバムとは異なるムードを感じました。ドラマチックで幻想的な楽曲よりも、すごく生身感のある、“人間・水樹奈々”を感じる作品という印象で。全体の構成、楽曲の並びも今までと違う感じがするんですよね。

バレましたか(笑)。

──各楽曲について触れる前に、まずはアルバムタイトルについての話を。「NEOGENE CREATION」は直訳すると「新第三紀の創造」となりますが。

新第三紀は地質学的にある時期のことを指す言葉なのですが、この言葉を選んだのは、東京ドーム公演「NANA MIZUKI LIVE GALAXY 2016」で自分の活動の歩みを7年ごとに「GENESIS」と「FRONTIER」に区切ったことに端を発します(笑)。7年刻みで考えたとき、私は今まさに第三紀に突入しているんだなって。さらに「NEO」と「GENE」に分ければ「新しい遺伝子」という言葉にも取れるなと考えて、「新しい遺伝子を創造する水樹奈々の第三紀」という意味合いでこのタイトルにしました。わりと早い段階でこのタイトルに決まったんです、珍しく。アルバムはいつも最後までタイトルに悩んでいたんですけど。

──ではアルバム全体の構想は、テーマに沿ってスムーズに?

特定の世界観を想定しない、広く1つの時代を指すテーマを選んだので、いつもより自由に曲が選べたんです。直感的に曲を選ぶという意味ではいつもの制作スタイルと変わらないですけど、これまでは選んだ曲からアルバムタイトルを導き出していたのに対し、今回は先にタイトルを決めていたので、最終的に選んだ曲がガラリと変わっています。最初に「今すぐ形にしたい!」と言っていた曲の中でも「当選確実だね」と話していた曲が外れたりして。

12thアルバム「NEOGENE CREATION」 / 2016年12月21日発売 / KING RECORDS
初回限定盤 [CD+Blu-ray] / 3888円 / KICS-93456特製BOX+オニキスデジパック仕様+スペシャルフォトブック+Blu-ray
初回限定盤 [CD+DVD] / 3888円 / KICS-93457特製BOX+オニキスデジパック仕様+スペシャルフォトブック+DVD
通常盤 [CD] / 3024円 / KICS-3456
CD収録曲
  1. めぐり逢うすべてに

    [作詞:松井五郎 / 作曲:園田健太郎 / 編曲:藤間仁(Elements Garden)]

  2. STAND UP!

    [作詞・作曲:ヨシダタクミ(phatmans after school) / 編曲:藤間仁(Elements Garden)]

  3. Please Download

    [作詞:森月キャス / 作・編曲:ats-]

  4. ALONE ARROWS

    [作詞:藤林聖子 / 作曲:Yu-pan. / 編曲:伊勢佳史]

  5. TWIST&TIGER

    [作詞:矢吹俊郎 / 作曲:園田健太郎 / 編曲:藤田淳平(Elements Garden)]

  6. Rock Ride Riot

    [作詞・作曲:ヨシダタクミ(phatmans after school) / 編曲:藤田淳平(Elements Garden)]

  7. はつ恋

    [作詞:岩里祐穂 / 作・編曲:吉木絵里子、華原大輔]

  8. JEWEL

    [作詞:水樹奈々 / 作曲:角野寿和、青葉紘季 / 編曲:ECHO(Martin Landstrom & Rasmus Faber)]

  9. UNLIMITED BEAT

    [作詞・作曲:上松範康(Elements Garden) / 編曲:藤永龍太郎(Elements Garden)]

  10. WAKE UP THE SOULS

    [作詞:しほり / 作・編曲:山﨑佳祐]

  11. STARTING NOW!

    [作詞:水樹奈々 / 作曲:藤田卓也 / 編曲:藤田淳平(Elements Garden)]

  12. GLORIA

    [作詞:平朋崇 / 作曲:光増ハジメ / 編曲:EFFY]

  13. RODEO COWGIRL

    [作詞:藤林聖子 / 作・編曲:h-wonder]

  14. 君よ叫べ

    [作詞・作曲:水樹奈々 / 編曲:藤永龍太郎(Elements Garden)]

  15. 絶対的幸福論

    [作詞・作曲:ヨシダタクミ(phatmans after school) / 編曲:藤間仁(Elements Garden)]   

初回限定盤特典Blu-ray / DVD収録内容
  • MUSIC CLIP「絶対的幸福論」
  • 「NEOGENE CREATION」MAKING MOVIE
  • 「TEAM MIZUKI 富士山頂への道」
  • NHK「水樹奈々 in 新居浜 のど自慢延長戦」ダイジェスト
水樹奈々(ミズキナナ)

愛媛県出身の声優アーティスト。1997年に声優としてデビューし、「魔法少女リリカルなのは」「ハートキャッチプリキュア!」「NARUTO -ナルト-」といったアニメ作品で人気を集める。2000年にはシングル「想い」で歌手デビュー。2009年6月にリリースされたアルバム「ULTIMATE DIAMOND」で、声優アーティストとして初のオリコン週間ランキング1位を獲得した。同年12月には「NHK紅白歌合戦」に初出場。2011年12月には声優アーティスト初の東京ドームコンサートを2日間にわたって開催し、大成功に収めた。2013年には初の台湾公演を行い、海外へも活動の幅を広げている。2016年9月には長年の夢として掲げていた兵庫・阪神甲子園球場でのワンマンライブを実現させた。12月には通算12枚目となるオリジナルアルバム「NEOGENE CREATION」を発表。2017年1月より全国ツアー「NANA MIZUKI LIVE ZIPANGU 2017」を開催し、4月には島根・出雲大社東神苑でスペシャルライブ「水樹奈々 出雲大社御奉納公演」を行う。