#9 野津友那乃、磯野莉音、倉島颯良のライブ・ビューイング振り返り座談会

ファンと同じようにライブを観たい

──ほかにどんなライブ・ビューイングを観てみたいですか?

左から野津友那乃、倉島颯良、磯野莉音。

磯野 ほかのアイドルさんやアーティストさんのライブをもっと観たいですね。

野津 私もめっちゃ行きたいです!

磯野 ももいろクローバーZさんのライブ・ビューイングは興味があって、ファンの皆さんと一緒に応援したいです(笑)。

──ファンと同じように応援したい願望があるんですね。

磯野 たまにはそういうのもやってみたいなって。

野津友那乃

野津 ライブ会場にも行きたいんですけど、ライブ・ビューイングだとポップコーンとかを食べながら観られるじゃないですか。それがよくて(笑)。

──改めてライブ・ビューイングの魅力ってどんなところだと思います?

磯野 映画館で観るのは気軽だし、興味はあるけどどうしようかなっていうライブや作品は、試しにライブ・ビューイングで観るのもいいと思いました。私も宝塚を観たことがなかったけど、今回観せてもらってすごく興味が湧いてきたし。あと、やっぱり表情が観やすいのがいいですね。

──最近では映画館だけじゃなくてカラオケボックスでもライブ・ビューイングの企画が行われるようになってるので、どんどん敷居が低くなってますよね。堀内さんが体験した水樹奈々さんのライブ・ビューイング(参照:#8 堀内まり菜)もカラオケボックスで行われて大盛況でした。

野津 カラオケボックスならドリンクや料理も注文できるので快適ですね!

3Dのライブ・ビューイングを体験したい

──ライブ・ビューイングを盛り上げるために何か新しいサービスを考えてみたいんですけど、何か案はありますか?

倉島颯良

倉島 貸し出しの応援グッズがあったらいいと思います。

──さくら学院の旗みたいな?

倉島 そうですね。興味があったら購入もできるようなものがあるといいかなと。

磯野 3Dのライブ・ビューイングって難しいんですかね?

スタッフ 技術的に生放送で3Dは難しいかもしれません。

野津 さくら学院は握手会がないから3Dになったら気分が味わえると思うんですけど。

──父兄さんが一斉に空中に手を伸ばす姿が見られますよ(笑)。

磯野莉音

磯野 ミニパティが曲にあわせた匂いを出していたことがあって、そういう演出やシャボン玉、クラッカーとかも面白いと思います。

野津 さすが将来舞台監督さんを目指すだけはある(笑)。

──さくら学院プロデュースのライブ・ビューイングとかあったら面白そうですね。

磯野 そういうのやりたいです! 3Dは難しいかもしれないけど(笑)。

もっと絆を深めて卒業式に挑みたい

──来年の3月で野津さん、菊地さん、水野さん、田口さんはさくら学院を卒業されます。実感は湧いてきましたか?

野津友那乃

野津 時が経つのが中3になってから早くて、あっという間にここまで来てしまいましたね。みんなをまとめなきゃっていう気持ちが強くなったからかもしれないですけど、すべてのことが短く感じてます。学院祭ももう終わっちゃいましたし。

──磯野さんと倉島さんは中3になった野津先輩の姿をどう見ています?

磯野 さくら学院に入ってきたのは私のほうが早かったんですけど、だんだんと友那乃から教わることも多くなってきて。もうこのメンバーで一緒にパフォーマンスする機会は少ないので、1回ごとのライブを大切にしていきたいです。

倉島颯良

倉島 中3になって最初の頃は注意も申し訳なさそうだったんですけど、夏ぐらいになってから容赦なくなってきて(笑)。私も入ってから間もなかったんですけど、ちゃんとメンバーとして接してくれるし注意してくれたりして先輩だなって思いました。それに思ってることを正直に言ってくれるのでうれしいです。

野津 一緒にいる時間が長いのでみんな家族みたいな感じなんですよ。だから改めてこんな感じで思っていたことを言われると恥ずかしいですね(笑)。でもすごくうれしいです。

──残りの時間をどう使っていきたいですか?

野津 実は今回の学院祭でちょっとうまくいかないところもあって悔しい思いをしたんですよ。卒業生が観に来てくれて「個々の表現はすごく成長してるけど、チームとしてもっと団結できたんじゃないか」って言われたので、もっとみんなで絆を深めて卒業式に挑みたいですね。

磯野莉音

磯野 でも卒業生がいたから今のさくら学院があるので、ダメ出しされて落ち込むんじゃなくてもっと成長できるようにがんばろうって思いました。

倉島 私は中3のみんなからいろんなことを吸収して来年に生かしていきたいです。それを下級生のみんなに私から伝えていきたい。転入生だからっていうのはもうダメだと思うので、今からしっかり準備していきます。

野津 来年はもう初期の頃からいるメンバーがまったくいなくなっちゃうんですよ。不安はあると思いますけど乗り越えてほしいですね。

磯野 さくら学院は卒業生のみんながいるからとても頼もしいです!

左から倉島颯良、野津友那乃、磯野莉音。

#1

1st DVDシングル「ハートの地球」 / 2014年10月22日発売 / UNIVERSAL J
TYPE A [DVD] / 1728円 / UPBH-1370
TYPE B [DVD] / 1728円 / UPBH-1371
TYPE A 収録内容
  1. ハートの地球 Music Video
  2. ハートの地球 Dance Video
TYPE B 収録内容
  1. ハートの地球 Music Video
  2. ハートの地球 メイキング映像
さくら学院(サクラガクイン)

学校生活とクラブ活動をテーマにしたアイドルグループとして2010年に結成。成長期限定ユニットのため所属する小中学生のメンバーは義務教育終了とともにグループから卒業する決まりがある。2013年3月現在、小等部1名、中等部11名が所属。クラブ活動はバトン部 Twinklestars、クッキング部 ミニパティ、テニス部 Pastel Wind、科学部 科学究明機構ロヂカ?の4つが活動している。2010年12月に「夢に向かって / Hello! IVY」でトイズファクトリーよりメジャーデビューを果たし、2011年12月にはユニバーサルJに移籍して「ベリシュビッッ」を発表。2014年2月には「Jump Up ~小さな勇気~」をリリースし、2013年度最後のアルバム「さくら学院 2013年度 ~絆~」を3月に発表した。3月30日の卒業式では中等部3年の4名が卒業し5月5日の転入式で新たに2人の生徒が加入した。