超特急「超ネバギバDANCE」 PR

超特急|すべての壁を超えて行け 超ネバギバ男子が駆け抜けた5年

ネバギバDANCEはもっと強い曲になる

──では今度は、超特急にとって、これまでで一番高かった“壁”を教えてもらえますか?

コーイチ

コーイチ 「バッタマン」じゃないかな。ユースケの話みたいになっちゃうけど、超特急が少しずつ知られてきて、「『バッタマン』がヤバい!」みたいなことを言ってもらえるようになってきたとき……「でも同じ曲ばかりをやり続けるのってどうなの?」って疑問が僕らの中に浮かんだんです。今振り返れば「当たり前にやるでしょ!」って思えるんだけど、やっぱり同じことをやり続けていると変化がないし、モチベーションを保つのが難しくて、ユースケが嘆いたりして。でも、どうしても鉄板ネタやから「どうやっていけば『バッタマン』を超特急の絶対的な武器にできるんだろう? 絶対に最強の武器になるはずなのに」ってすごく悩んで……。

ユースケ 僕はマンネリになってしまうのが嫌でした。ずっとやり続けることの意味を、なかなか見つけられなくて。最初のうちはみんなが「『バッタマン』やろう!」っていつも提案してくれるのがうれしかったんです。でもやり続けているうちに「何かもっと新しいことができたらいいのになあ」って投げ出しそうになっちゃって。けど、そのときにコーイチが「バッタマン」での僕のパフォーマンスが超特急の武器になっていることを気付かせてくれたんです。で、もう1つ、前を向かせてくれたのはユーキの言葉で。

──そうだったんですね。

ユースケ はい。以前ゴールデンボンバーさんのライブを観に行かせてもらったときに、アンコールで「女々しくて」をやられていたんですけど、そのときのことを振り返って「『女々しくて』があれだけたくさんの人に愛される曲になったのは、きっと何があってもやり続けたからだ」って。

ユーキ

ユーキ 盛岡のライブ(「めざまし LIVE COUNTRY TOUR in MORIOKA」)のときだね。そう、ユースケには今までよりもっと広い世界に目を向けてほしくて、そう言いました。8号車さんが応援してくれている場所はもちろんだけど、そこからさらにたくさんの人に僕ららしいパフォ―マンスを届けられるように、視野を広げて発信してみようよって。

ユースケ その言葉を聞いたら「もっとできる気がする!」って思えたんです。その日のライブはもう、お客さんを煽りに煽りました。スタッフさんに「そろそろ曲に行きましょう」って指示されてるのにイヤモニ外して聞こえないようにして(笑)、子供たちをたくさん盛り上げたあとにやった「バッタマン」が最高に気持ちよくて! しかも、今はこの曲の新しい見せ方をメンバーみんなが考えてくれていて、僕はそれがすごくうれしい。この間「関西コレクション」で披露したときは僕がランウェイを歩いたんですけど、それはタカシが出してくれたアイデアなんです。

タカシ そうやね。

ユースケ

ユースケ みんなが同じように前を向いているから、本当に「1つ大きな壁を超えられたんだな」って思えます。だから、もし今回の「超ネバギバDANCE」が僕らの代表曲になって、ずっとやり続けていくことになったら……新しい見せ方をどんどん考えて、工夫して、この曲も進化させていかなきゃなって思う。

ユーキ うんうん。

ユースケ この曲はセンターがいないんですけど、だからこそメンバーそれぞれのアピールポイントをたくさん作れると思うし。「超ネバギバDANCE」はもっと、どんどん強い曲になると思っています。

8号車がいるから

──「バッタマン」は3周年記念シングルのタイトルトラックで、歌詞に「『モノホン』なんかなんなくて結構」「ジタバタ もがいて生きてやる」とあるように、自分の弱さも飲み込んで力にして、がむしゃらに突っ走るような曲ですよね。で、実際超特急はこの曲を一番の武器に2年間いろんな場所で戦って、葛藤してきて。それから今回の「超ネバギバDANCE」を聴いてみると「頂上見えてる男子」「時代の幕開けさ 突き進もうぜTogether!!」と、2年前に比べて明らかに視界が開けているというか。今、自信を持って上を向くことができているのかなと受け取れるのですが……そういう感覚って皆さんの中にあったりしますか?

カイ

カイ 今自分たちがいる段階で「しっかりと自信を持てているか?」というと、まだ持てていないと思う。だけど、ステージに立っている間だけは自信があります。それは、8号車がいるから。ステージに立てば待ってくれている8号車がいるし、会場には来れないけど応援してくれている8号車のことも感じられる。僕たちを待ってくれている人が少なからずいると思えるから、みんなステージ上にいるときだけは自信満々なんじゃないかな。そうでなければ、ここまでやってこれていないとも思いますしね。

──そうなんですね。では、支えてくれる人たちの規模が大きくなってきているな、という実感はありますか?

ユースケ ないです。

タクヤ

タクヤ 僕もないです。だって、この間の「関西コレクション」だって、めちゃくちゃアウェイだったんですよ。

ユースケ そうそう。

タクヤ もちろん8号車は僕らに付いてきてくれたけど、一番前の席で携帯電話をいじっている人も見えていたから。「まだまだだな」って思いました。

タカシ まだまだやね。5周年っていう節目を迎えたけど、「ここで決める」っていうようなタイミングではないとも思うし。もっともっと、これからも“ネバギバ”精神で走り続けていきたいなって思います。

いつか後悔するなよ

──では最後に、超特急として活動する中で、歌詞にあるように“正直もう止められないっス”と思う瞬間を教えてください。

ユーキ ステージ上から8号車さんの顔を見たとき。そこにはひさびさの顔や新しい顔があって、みんなの笑顔とか表情が見れたときはすごくうれしくなるし、「今日の自分はどうかな?」って考えさせてくれるんですよ。あとは僕、好奇心がすごくてなんでも挑戦してみたい人間なので、お仕事で普段はできないようなことを経験できたときですね。

リョウガ

リョウガ 犬みたいだなあ。

ユーキ おい。誰がティアラ(リョウガの愛犬)や。

ユースケ 僕は叫んでるとき! 叫んでるときは「生きてるな」って感じがして、やめられないです!

リョウガ もう動物じゃん(笑)。

ユースケ おう、動物だよ。

ユーキ そうだよ、こっちは動物だよ!

コーイチ 僕は誰かに「不可能だよ」って言われたとき。心の中で「いつか後悔するなよ」って思いますね(笑)。

タカシ

リョウガ 反骨精神ね。

タカシ 僕はライブやイベントで“やらかす”ときかなと思います。「バッタマン」なんかもそう。ネガティブな言葉に聞こえるけど、自分たちは“やらかす”ことができたら「してやったぜ」って思ってる。

──「やらかす」って、確かに超特急っぽいですね。

タカシ はい。好きですねえ。

タクヤ ♪正直もうやめられないっス。

次のページ »
フォトギャラリー

超特急「超ネバギバDANCE」
2017年4月26日発売 / SDR
超特急「超ネバギバDANCE」初回限定盤

初回限定盤 [CD+Blu-ray]
3000円 / ZXRC-1100

Amazon.co.jp

超特急「超ネバギバDANCE」通常盤

通常盤 [CD]
1000円 / ZXRC-1103

Amazon.co.jp

初回限定盤CD収録曲
  1. 超ネバギバDANCE
  2. gr8est journey
  3. PAPAPAPA JUMPERS
初回限定盤Blu-ray収録内容

国立代々木第一体育館LIVE SUPER DIGEST

  1. Seventh Heaven
  2. Kiss Me Baby
  3. 超えてアバンチュール
  4. LIBIDO
  5. ライオンライフ
  6. Beasty Spider
  7. Whiteout
  8. Yell
  9. Fantasy Love Train ~君の元までつながるRail~
  10. Peace of LOVE
  11. Clap Our Hands!
通常盤CD収録曲
  1. 超ネバギバDANCE
  2. gr8est journey
超特急「Bullet Train 5th Anniversary Tour 2017『Trans NIPPON Express』」
  • 2017年4月29日(土)北海道 わくわくホリデーホール
  • 2017年5月3日(水・祝)大阪府 大阪国際会議場 メインホール
  • 2017年5月4日(木・祝)大阪府 大阪国際会議場 メインホール
  • 2017年5月6日(土)山口県 周南市文化会館
  • 2017年5月7日(日)広島県 JMSアステールプラザ 大ホール
  • 2017年5月12日(金)神奈川県 よこすか芸術劇場
  • 2017年5月20日(土)石川県 本多の森ホール
  • 2017年5月21日(日)富山県 高周波文化ホール
  • 2017年5月27日(土)静岡県 静岡市民文化会館
  • 2017年5月28日(日)岐阜県 土岐市文化プラザ サンホール
  • 2017年6月3日(土)和歌山県 和歌山市民会館 大ホール
  • 2017年6月4日(日)京都府 文化パルク城陽 プラムホール
  • 2017年6月14日(水)東京都 日本武道館
  • 2017年6月17日(土)鹿児島県 鹿児島市民文化ホール
  • 2017年6月18日(日)福岡県 福岡サンパレス
  • 2017年6月24日(土)千葉県 森のホール21 大ホール
  • 2017年7月1日(土)山形県 酒田市民会館 希望ホール
  • 2017年7月2日(日)宮城県 東京エレクトロンホール宮城
  • 2017年7月9日(日)三重県 三重県文化会館 大ホール
  • 2017年7月15日(土)香川県 サンポートホール高松
  • 2017年7月17日(月・祝)愛知県 名古屋国際会議場センチュリーホール
  • 2017年7月23日(日)兵庫県 神戸国際会館
  • 2017年8月8日(火)東京都 東京国際フォーラム ホールA
超特急(チョウトッキュウ)
超特急
ボーカル2人の美しいハーモニー、奇抜で独特なダンスパフォーマンスで人気を集めている“史上初!! メインダンサー&バックボーカルグループ”。コーイチ(1号車 / Vo / お父さん担当)、カイ(2号車 / Dancer / 神秘担当)、リョウガ(3号車 / Dancer / ガリガリ担当)、タクヤ(4号車 / Dancer / 筋肉担当)、ユーキ(5号車 / Dancer / ドジっ子担当)、ユースケ(6号車 / Dancer / 元気担当)、タカシ(7号車 / Vo / 末っ子担当)の7人で構成されている。2012年6月に1stシングル「TRAIN」でCDデビュー。2014年3月には6thシングル「ikki!!!!!i!!」を発売し、ホールツアーを実施する。同年12月に1stフルアルバム「RING」を発表。2015年6月にはデビュー3周年記念の9thシングル「スターダスト LOVE TRAIN / バッタマン」をリリースし、インドネシア・ジャカルタでのライブイベントに出演して海外“開通”を果たす。さらに12月23、24日には東京・国立代々木競技場第一体育館でのワンマンライブを成功させた。2016年3月に関西テレビ・フジテレビ系ドラマ「お義父さんと呼ばせて」の主題歌を表題曲とするシングル「Yell」を発表。10月26日に2ndアルバム「Dramatic Seven」をリリースする。2017年4月に、デビュー5周年を記念したシングル「超ネバギバDANCE」を発売。6月14日には5周年記念公演として、初の東京・日本武道館ワンマンを実施する。