音楽ナタリー Power Push - AWA×音楽ナタリー My Music History

Case 3:木村カエラ

「好きな音楽との“出会い”と好きだった音楽との“再会”」をコンセプトに掲げ、邦楽、洋楽合わせて数百万曲を、利用開始から3カ月間は無料でいつでも楽しめる定額制音楽配信アプリ・AWA(アワ)。年内には約1000万曲が聴き放題になる予定だ。さらに同サービス上で作成されたプレイリストは8月現在150万件を超え、日々多くのユーザーがAWAを活用して音楽との“出会い”を楽しんでいる。

音楽ナタリーとAWAのコラボ企画の第3回に登場するアーティストは木村カエラ。今回は彼女にAWAの特色であるプレイリスト機能を使って自らの人生に衝撃を与えたナンバーをピックアップしてもらった。

取材 / 大山卓也 文 / 鵜飼亮次 撮影 / 須田卓馬

 
mixiチェック

KAELA KIMURA's PLAYLIST

テーマ 衝撃くん

  • Spice Girls「Stop」
  • The Verve「Bitter Sweet Symphony」
  • Nirvana「Smells Like Teen Spirit」
  • No Doubt「Just A Girl」
  • The Rapture「House of Jealous Lovers」
  • リリー・アレン「Fuck You」
  • The B-52's「Love Shack」
  • The Chainsmokers「Roses ft. Rozes」

AWAでプレイリストを聴こう

プレイリストを開く前に、AWAが端末にインストールされているかご確認ください。

もっとも聴いたCDは「NOW 8」(笑)

──プレイリストのタイトルは「衝撃くん」だそうですが(笑)。

木村カエラ

はい(笑)。自分の人生に衝撃を与えた曲を出会った時系列に並べました。中学生以降の、洋楽を聴き始めた頃から今までにハマった人たちの音楽でそろえてます。

──最初に衝撃を受けたのがSpice Girls。

「Stop」は彼女たちの歌の中で一番好きです。Spice Girlsは歌だけじゃなくてメンバー1人ひとりキャラクターが違うところも好きで。当時は中学生で自分の個性を確立し始めてきた時期ってこともあり、メンバーを見て「自分は誰になるかな」って自分を当てはめながらアルバムを聴いてましたね。

──ちなみにカエラさんは自分をどのメンバーに当てはめてたんですか?

スポーツ系の子(メラニー・C。愛称スポーティ・スパイス)かな。でもみんな個性がありますよね。当時は彼女たちのあの強そうな感じに惹かれてました。

──2曲目のThe Verveは?

当時「NOW」シリーズっていうコンピレーションがあったんですけど、The Verveは「NOW 8」に入ってた曲なんです。まあSpice Girlsを聴き始めたきっかけもこれなんですけど。

──ははは(笑)。

「NOW 8」は私が人生で一番聴いたアルバムだと思います。入ってる曲はどれも好きすぎるんだけど、私は歌ときれいなメロディが一緒になってる曲がすごく好きで、The Verveの曲もその1つということで選びました。

──The Verveのこの曲はいわゆる90年代UKロックの代表曲ですが、当時「これはこのジャンルの曲」というように音楽ジャンルを意識して聴くようなことは?

いえ、まったく。とにかく曲を聴くのが先で、「『NOW 8』の何曲目」みたいに覚えてたかな。

自分のスタート地点

──続いてNo Doubtですが、これも1990年代にリアルタイムで?

木村カエラ

はい。高校生のときにHi-STANDARD、BRAHMANとかバンドにすごく惹かれてた時期があって。

──ああ、当時は国内外でパンクやスカが流行ってましたね。その流れでNo Doubtも。

うん。No Doubtが衝撃的だったのは「女性でロック」っていう部分で。グウェン・ステファニー(Vo)の、女性が男性に負けない勢いで歌ってるっていうのがすごいって思いました。

──No Doubtのスタイルや音楽性はカエラさんにつながる部分がありますね。

そうですね。もともとがアメリカ西海岸のパンクやロックを歌いたいって思ってましたし。それに彼女を見て「私もバンドの中ではこうでありたい」って感じてたから、自分のスタート地点のような見方もしています。

──Nirvanaはやっぱり代表曲「Smells Like Teen Spirit」。

Nirvanaはどの曲も好きなんだけど、これだけAWAの再生回数がダントツだったのでこれにしました(笑)。自分の中に暗い曲やきれいな曲が好きっていう面があって、それと彼らの曲が結び付いてどんどんハマっていったっていう感じです。聴いてて落ち着くんですよね。アイゴン(會田茂一)さんとカバーもしたし。

音楽聴き放題サービス「AWA」
Google Play
AWAとは?

登録なしですぐに聴ける、音楽配信アプリです。邦楽・洋楽が充実、楽曲数は年内1000万曲を予定しています。シーンにあったプレイリストや、リコメンド機能であなたの気分や好みに合わせた音楽が聴き放題!はじめたその日から誰でも3カ月無料で楽しめます。料金プランは360円から。

木村カエラ ニューシングル「EGG」/ 2015年9月2日発売 / ELA
「EGG」
初回限定盤 [CD+DVD]1944円 / VIZL-855
通常盤 [CD]1296円 / VICL-37088
CD収録曲
  1. EGG
  2. SHOW TIME
  3. オバケなんてないさ
  4. EGG(Instrumental)
初回限定盤DVD収録内容
木村カエラ ライブハウスTOUR2015 「MITAI KIKITAI UTAITAI」 at 下北沢Shelter 2015.6.23 ライブ&ドキュメント
  1. sonic manic
  2. c'mon
  3. Satisfaction
  4. Level 42
  5. one more
  6. TODAY IS A NEW DAY
木村カエラ(キムラカエラ)
木村カエラ

1984年生まれ、東京都出身の女性シンガー。テレビ番組「saku saku」への出演をきっかけに、2004年6月にシングル「Level 42」でメジャーデビュー。2005年3月発売の3rdシングル「リルラ リルハ」が大ヒットを記録し、一躍全国区の人気を獲得。2006年には再結成したサディスティック・ミカ・バンドにボーカルとして参加した。2007年6月に初の東京・日本武道館公演を成功させたほか、2009年7月に神奈川・横浜赤レンガパーク野外特設ステージにてデビュー5周年記念ライブを行い約2万2千人を動員。同年末には「NHK紅白歌合戦」に初出場し、ヒット曲「Butterfly」を披露した。2013年からはビクターエンタテインメント内にプライベートレーベル「ELA」を設立し、コラボカバーアルバム「ROCK」を発表。デビュー10周年となる2014年6月には横浜アリーナで2DAYSの大規模ライブを行い、同年12月にオリジナルアルバム「MIETA」をリリース。2015年9月にシングル「EGG」を発表する。