映画ナタリー Power Push - BORUTO -NARUTO THE MOVIE-

主題歌バンドにして、ハードコア“NARUTO”ファン KANA-BOONが教える「BORUTO」の楽しみ方

KANA-BOON インタビュー

「NARUTO-ナルト-」に名前を刻める喜びを噛みしめる

──KANA-BOONが「NARUTO-ナルト-」シリーズのテーマソングを手がけるのは、去年11月の「シルエット」に続いて2回目になります(参照:KANA-BOON「シルエット」特集)。

KANA-BOON

谷口鮪(Vo, G) はい。まずその「2回目だ」っていうことがうれしくて。4人とも子供の頃から「NARUTO-ナルト-」が大好きで、デビュー当時から「もしタイアップがとれるなら最初は『NARUTO-ナルト-』で」って公言していたから。そうしたら本当に「テレビアニメ版の『NARUTO-ナルト-』のオープニング曲を」っていうお話がきて、全員「NARUTO-ナルト-」への思いの丈をぶつけるように作ったのが「シルエット」だったんです。

古賀隼斗(G) で、今回「『BORUTO』の主題歌を」ってお話をもらえたのは、アニメのスタッフやファンに「シルエット」が「NARUTO-ナルト-」に合っていると思ってもらえたからなんだと思っていて。だからこそすごく光栄でした。

「BORUTO -NARUTO THE MOVIE-」

谷口 「NARUTO-ナルト-」が自分たちの人生に刻んでいったものって本当に大きいから、逆に「NARUTO-ナルト-」の作品に自分たちの名前を1回刻めただけでもうれしかったのに、それがまた続いたっていうのはホントに格別ですね。

「NARUTO-ナルト-」ファンだからできた“こういう曲”

──そして今回の「BORUTO -NARUTO THE MOVIE-」(「BORUTO」)の主題歌「ダイバー」なんですけど、すごく映画に似合う楽曲になりましたね。

一同 ありがとうございます。

──ただ、その“すごく映画に似合う”ことには驚かされもしていて。というのも以前皆さんは「『シルエット』は過去の美しい思い出も悔恨も引き受けて大人になることを歌った楽曲。当然テレビアニメ版『NARUTO-ナルト-』の物語に寄り添ってはいるんだけど、KANA-BOONの今を歌った」とも言っていて……。

谷口 そうですね。

──でも「ダイバー」にはもっと映像作品に寄せた楽曲に仕上げた印象があるんです。「いつだって今だって 僕らはちゃんと実を結んで 今だって飛び立っていく」と、主人公・うずまきボルト少年や、夏休みを使って映画を観に行くであろう多くの子供たちの未来を祝福している上に、歌詞の中に「うずまき」というフレーズを入れたりもしている。若い「NARUTO-ナルト-」ファンにメッセージを届けるために、あえて言葉をシンプルにしてみたり、言葉遊びをしてみたり、ある種職人的な仕事をしているのかな?という気がしたんです。

「BORUTO -NARUTO THE MOVIE-」

小泉貴裕(Dr) いや「シンプルなメッセージを伝えよう」みたいなコンセプトありきで作ったっていうよりも、「BORUTO」の脚本を読ませていただいたとき、僕ら自身が「ダイバー」で歌っているような気持ちになれたから、こういう歌詞になったし、こういう音になったっていうだけですね。

谷口 うん。結局「シルエット」を作ったときと同じ作り方なんです。純粋に「BORUTO」の脚本から受けた影響や感じたことをもとに書いた曲が「ダイバー」だったというだけ。「『BORUTO』の曲だからこういうことを歌わなきゃ」みたいなことは特に考えずに、「BORUTO」という作品を知った上で自分たちが思うことを書いたら、この曲ができてた(笑)。だから「ダイバー」も「BORUTO」の歌であり、KANA-BOONの歌なんだと思ってます。

飯田祐馬(B) ホントに「そりゃ『NARUTO-ナルト-』のことが大好きなメンバーが書いたら、こういう曲ができるよね」っていう曲なんです(笑)。

ナルトと「NARUTO-ナルト-」の遺伝子を受け継ぐ映画

──ただ皆さんが愛読している原作マンガ「NARUTO-ナルト-」は完結しています。そしてボルトたち、“新時代の忍”はマンガの最終話に少し出てきたものの「NARUTO-ナルト-」のメインキャラクターではなかった。彼らにフォーカスした「BORUTO」は「NARUTO-ナルト-」とはまた別の作品と言えなくもないですよね。

谷口鮪(Vo, G)

谷口 でも映画化されるって話を聞いたときは「やったー!」って感じでした。逆に今回の映画が「NARUTO-ナルト-」の続き、また(うずまき)ナルトが主人公の話だったら「原作はキレイに終わったんだから、そのままでもよかったのに」と思ったかもしれないけど、「BORUTO」は新しい主人公、それもナルトの子供の話だから。「また新しい話が観れるんか!」ってすごくうれしかったですね。

古賀 で、実際に曲作りのために脚本を読ませてもらったら、原作者の岸本(斉史)さんが脚本を書いて製作総指揮もしていることもあって「NARUTO-ナルト-」ならではのよさもすごく生かされていましたし。

谷口 ボルトというナルトの遺伝子を受け継いだキャラクターを描くだけじゃなくて、「NARUTO-ナルト-」という作品自体の遺伝子もちゃんと受け継いでくれてるから脚本を読んでる段階からすごく楽しかったです。

「BORUTO -NARUTO THE MOVIE-」/ 2015年8月7日公開

「BORUTO -NARUTO THE MOVIE-」
スタッフ
  • 原作・脚本・キャラクターデザイン・製作総指揮:岸本斉史(「NARUTO-ナルト-」集英社ジャンプコミックス刊)
  • 監督:山下宏幸
  • 脚本協力:小太刀右京
  • キャラクターデザイン:西尾鉄也、鈴木博文
キャスト
  • うずまきボルト:三瓶由布子
  • うちはサラダ:菊池こころ
  • うずまきナルト:竹内順子
  • うちはサスケ:杉山紀彰
  • ミツキ:木島隆一
  • 山中いのじん:阿部敦
  • 奈良シカダイ:小野賢章
  • うずまきヒマワリ:早見沙織
  • モモシキ:浪川大輔
  • キンシキ:安元洋貴
  • ダルイ:竹内良太
  • 我愛羅:石田彰
  • 長十郎:宮田幸季
  • 黒ツチ:武田華
「THE LAST -NARUTO THE MOVIE-」ナルト役声優・竹内順子インタビュー KANA-BOON×「ジャンプ」編集者座談会

©岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
©劇場版BORUTO製作委員会 2015

「NARUTO-ナルト-」過去劇場版やテレビシリーズがauビデオパスで見放題!

auの動画配信サービス、ビデオパスでは映画「BORUTO -NARUTO THE MOVIE-」公開記念として、「NARUTO-ナルト-」過去劇場版やテレビシリーズを見放題で楽しめる特集を実施中。

KANA-BOON(カナブーン)

KANA-BOON

谷口鮪(Vo, G)、古賀隼斗(G)、飯田祐馬(B)、小泉貴裕(Dr)からなる大阪・堺市出身の4人組ロックバンド。2013年4月に活動の拠点を大阪から東京に移し、同年9月にシングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビュー。同年10月に1stフルアルバム「DOPPEL」を発表した。2014年はテレビ東京系アニメ「NARUTO-ナルト-疾風伝」のオープニングテーマ「シルエット」、2015年1月にはメジャー2ndアルバム「TIME」をリリースし、大阪・大阪城ホールおよび東京・日本武道館にて初のアリーナワンマンライブを成功させた。今夏はRISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZO、SUMMER SONIC 2015など、多くの音楽フェスティバルへの出演を控えている。

KANA-BOON ニューシングル「ダイバー」
2015年8月5日発売 / Ki/oon Music
初回限定盤 [CD+グッズ]
1620円 / KSCL-2613~4
通常盤 [CD]
1258円 / KSCL-2615
Loppi・HMV初回限定盤 [CD+グッズ]
3120円 / KSCL-2613LH
Loppi・HMV通常盤 [CD+グッズ]
2758円 / KSCL-2615LH
収録曲
  1. ダイバー
  2. スパイラル
  3. 街色