映画ナタリー Power Push - BORUTO -NARUTO THE MOVIE-

主題歌バンドにして、ハードコア“NARUTO”ファン KANA-BOONが教える「BORUTO」の楽しみ方

累計発行部数2億部を誇る岸本斉史のマンガを原作にもつアニメ「NARUTO-ナルト-」。その最新劇場版「BORUTO -NARUTO THE MOVIE-」が8月7日に全国公開される。

「BORUTO -NARUTO THE MOVIE-」は「NARUTO-ナルト-」の劇場版シリーズ第11弾作品。岸本製作総指揮のもと、原作マンガ「NARUTO-ナルト-」の最終話に登場したうずまきナルトの息子・ボルトら“新時代の忍”たちの闘いや、父なる者・母なる者との衝突、成長を追うストーリーが展開される。

今回映画ナタリーではこの作品の公開を記念して、主題歌「ダイバー」を手がけたKANA-BOONのインタビューを企画。無類の「NARUTO-ナルト-」ファンを自認し、2014年11月にはテレビアニメ版「NARUTO-ナルト- 疾風伝」のオープニングテーマ「シルエット」も発表している彼らに、「ダイバー」の制作秘話とともに「BORUTO」の見どころを聞いた。

取材・文 / 成松哲 撮影 / 上山陽介 ヘアメイク / 鈴木智之

 
mixiチェック

「BORUTO -NARUTO THE MOVIE-」とは?

「BORUTO -NARUTO THE MOVIE-」

本作の舞台は、長きにわたる戦争を経て、高度成長を遂げた新時代。新たな忍を育てる「中忍選抜試験」が、木ノ葉隠れの里を中心に5つの里合同で開催され、その試験に出場するボルトらの成長を追う。多忙なため家族と過ごす時間のない父ナルトを、寂しさゆえに嫌悪するようになったボルトは、「ナルト唯一のライバル」であったサスケに憧れて弟子入りを志願。そんな中、現れた最強の敵に立ち向かう父の姿を見たボルトは、父が歩んできた道と秘められた思いに初めて気づく。ナルトとボルトの父子関係、サスケとボルトの師弟関係を通して、父から子へ、そして師匠から弟子へと受け継がれる意思が描き出される。

キャラクター紹介

うずまきボルト
うずまきボルト(三瓶由布子)
うずまきナルトの息子。忙しくしている父を嫌い、サスケに憧れて彼に弟子入りする。忍の才能を持つ。
うちはサラダ
うちはサラダ(菊池こころ)
うちはサスケの娘。すでに写輪眼に開眼している少女。ナルトを憧れの人物としている。
うずまきナルト
うずまきナルト(竹内順子)
木ノ葉隠れの里の七代目火影。多忙ゆえに家族と過ごす時間がなく、ボルトに寂しい思いをさせている。
うちはサスケ
うちはサスケ(杉山紀彰)
かつてはナルトの宿敵であった。ボルトに請われ、忍道を教えている。

「BORUTO -NARUTO THE MOVIE-」/ 2015年8月7日公開

「BORUTO -NARUTO THE MOVIE-」
スタッフ
  • 原作・脚本・キャラクターデザイン・製作総指揮:岸本斉史(「NARUTO-ナルト-」集英社ジャンプコミックス刊)
  • 監督:山下宏幸
  • 脚本協力:小太刀右京
  • キャラクターデザイン:西尾鉄也、鈴木博文
キャスト
  • うずまきボルト:三瓶由布子
  • うちはサラダ:菊池こころ
  • うずまきナルト:竹内順子
  • うちはサスケ:杉山紀彰
  • ミツキ:木島隆一
  • 山中いのじん:阿部敦
  • 奈良シカダイ:小野賢章
  • うずまきヒマワリ:早見沙織
  • モモシキ:浪川大輔
  • キンシキ:安元洋貴
  • ダルイ:竹内良太
  • 我愛羅:石田彰
  • 長十郎:宮田幸季
  • 黒ツチ:武田華
「THE LAST -NARUTO THE MOVIE-」ナルト役声優・竹内順子インタビュー KANA-BOON×「ジャンプ」編集者座談会

©岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
©劇場版BORUTO製作委員会 2015

「NARUTO-ナルト-」過去劇場版やテレビシリーズがauビデオパスで見放題!

auの動画配信サービス、ビデオパスでは映画「BORUTO -NARUTO THE MOVIE-」公開記念として、「NARUTO-ナルト-」過去劇場版やテレビシリーズを見放題で楽しめる特集を実施中。