映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

象を喰った連中

ゾウヲクッタレンチュウ

解説

戦時下で「敵機空襲」「決戦」といった作品を撮った後、タイに機関銃隊小隊長として派遣されていた吉村公三郎が、捕虜生活を経て帰国第1作として発表したドタバタ喜劇。彼としては3年ぶりの作品となった。知らずに死んだ象の肉を食べてしまった5人の人間が、象の死肉は有毒だと知らされて大騒ぎになる、というもの。

上映時間:84分 / 製作:1947年(日本) / 配給:松竹大船

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー