映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

かぞくわり

かぞくわり

カゾクワリ

解説

奈良県で地域に密着した作品を作り続けている『茜色の約束』の塩崎祥平監督が、作家・折口信夫の『死者の書』をヒントにして描く人間ドラマ。古い歴史を持つ奈良を舞台に、奈良に伝わる伝説に登場する姫の生まれ変わりである女性の姿を通して家族のあり方を映し出す。元宝塚歌劇団宙組でトップ娘役として活躍した陽月華が映画初主演を務めた。

ストーリー

歴史ある寺に祀られる伝説の姫の生まれ変わりである香奈は、両親から画家になる夢を拒絶され、38歳になっても実家暮らし。ところが謎めいた青年が香奈を再び絵の世界へと導いたことで街全体を巻き込む大騒動が勃発、香奈の中に眠っていた姫の魂が目覚める。

2019年1月19日(土)公開 / 上映時間:129分 / 製作:2018年(日本) / 配給:日本出版販売

(C)2018「かぞくわり」LLP

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー