高江-森が泣いている

高江-森が泣いている

タカエモリガナイテイル

2016年10月15日(土)公開 / 上映時間:64分 / 製作:2016年(日本) / 配給:影山事務所

(C)影山あさ子(C)森の映画社

解説 沖縄の辺野古新基地建設に抗議する人々を捉えた『圧殺の森』シリーズの影山あさ子・藤本幸久監督が、沖縄県東村・高江の米軍ヘリパッド建設問題に焦点を当てたドキュメンタリー。昼夜問わず米軍ヘリが上空を飛び交う現状に、危機感を抱いた住民たちが続ける抗議活動と、2016年7月に動員された500人にも及ぶ機動隊による強制排除を追う。

ストーリー 沖縄県の北部のヤンバルと呼ばれる森林の中にある集落、東村高江。米軍のヘリパッド(ヘリコプター着陸帯)建設問題に対し、住民による抗議活動が行われている。2016年7月、高江に機動隊500人が突入。機動隊の壁を作り、市民らを力ずくで排除した。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全7件)