誰のせいでもない

誰のせいでもない

ダレノセイデモナイ
EVERY THING WILL BE FINE

2016年11月12日(土)公開[PG-12] / 上映時間:118分 / 製作:2015年(独=カナダ=仏=スウェーデン=ノルウェー) / 配給:トランスフォーマー

(C)2015 NEUE ROAD MOVIES MONTAUK PRODUCTIONS CANADA BAC FILMS PRODUCTION GOTA FILM MER FILM ALL RIGHTS RESERVED.

解説 『パリ、テキサス』『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』の巨匠ヴィム・ヴェンダース監督が3D映像で捉えたサスペンスフルなヒューマン・ドラマ。誰のせいでもないひとつの事故が、男女4人の運命を大きく変えていく。ジェームズ・フランコ、シャルロット・ゲンズブールら実力派キャストが出演し、複雑な感情の動きを繊細に表現する。

ストーリー 雪が降る、視界の悪い田舎道。車を走らせていた作家トマスの前に突然、ソリが滑り落ちてくる。急ブレーキをかけて止まると、そこには幼い少年が座り込んでいた。幸いにも、少年に怪我は無いようだった。ところが少年の母ケイトは息子の姿を見て半狂乱に陥る。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:ヴィム・ヴェンダース

キャスト

トマス:ジェームズ・フランコ
ケイト:シャルロット・ゲンズブール
サラ:レイチェル・マクアダムス
アン:マリ・ジョゼ・クローズ
ロバート・ネイラー
パトリック・ボーショー
ピーター・ストーメア

誰のせいでもないの画像