火の山のマリア

火の山のマリア

ヒノヤマノマリア
IXCANUL

2016年2月13日(土)公開 / 上映時間:93分 / 製作:2015年(グアテマラ=仏) / 配給:エスパース・サロウ

(C)LA CASA DE PRODUCCION y TU VAS VOIR-2015

解説 中米グアテマラで製作され、ベルリン映画祭で銀熊賞に輝き、米アカデミー外国語映画賞にもエントリーされた注目のヒューマン・ドラマ。自力で幸せを掴もうとする先住民の貧しい娘と、それを見守る母親の葛藤と愛情を描きながら、グアテマラが抱える貧富差などの社会問題を浮き彫りにする。ドキュメンタリーのような臨場感を漂わせた演出が光る。

ストーリー 両親とともに農園で働く17歳の少女マリア。生活に困り、借地から追い出されようとしている事実に困窮した両親は一計を案じ、地主に彼女を嫁がせようとする。だが、マリアはコーヒー農園で働く青年と惹かれ合っていた。そんなある日、彼女の妊娠が発覚する。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:ハイロ・ブスタマンテ

キャスト

マリア:マリア・メルセデス・コロイ
フアナ:マリア・テロン
マヌエル:マヌエル・アントゥン
フスト・ロレンツォ
マーヴィン・コロイ

火の山のマリアの画像