風の波紋

風の波紋

カゼノハモン

2016年3月19日(土)公開 / 上映時間:99分 / 製作:2015年(日本) / 配給:東風

(C)カサマフィルム

解説 新潟県、越後妻有の里山を舞台に、都会から移り住んだ木暮夫妻の暮らしを追ったドキュメンタリー。『阿賀に生きる』『阿賀の記憶』で撮影を務めた小林茂がメガホンを執り、時に厳しい自然と向き合いながら、周囲の人々と共に丁寧に生きる夫妻の姿を映し出す。人々が寄り添い、自然の恵みと共に暮らす様から、豊かさとは何かが見えてくる1作だ。

ストーリー 雪深い村に都会から移り住んだ木暮夫妻は、周囲の人々と協力し合い、自然と共に暮らしてきた。一見、悠々自適な田舎暮らしだが、時に自然は厳しく、ひとりでは生きられない。ある春の朝、大きな地震が起こる。夫妻の家も全壊したが、ふたりは再建を決意する。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:小林茂

風の波紋の画像