フレンチアルプスで起きたこと

フレンチアルプスで起きたこと

フレンチアルプスデオキタコト
TURIST

2015年7月4日(土)公開 / 上映時間:118分 / 製作:2014年(スウェーデン=デンマーク=仏=ノルウェー) / 配給:マジックアワー

Majeure (C) Fredrik Wenzel

解説 第67回カンヌ映画祭「ある視点」部門審査員賞をはじめ、数々の映画賞に輝き、アメリカでも異例の大ヒットを記録したスウェーデン発の人間ドラマ。同国の新鋭、リューベン・オストルンド監督が、ひとつの軽率な行動で崩壊しかけた家族の再生をユーモラスに描き出す。鋭い洞察力で人間の本音と建前をたくみに浮かび上がらせるストーリーが秀逸。

ストーリー スウェーデン人のトマスは家族でスキー旅行でフレンチアルプスを訪れる。スキーを楽しみ、絶景の見えるテラスで昼食をしていたところ、目の前の斜面で雪崩が発生。幸い事なきを得たが、この時とった父親らしからぬ行動でトマスは子供と妻の信用を失ってしまう。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:リューベン・オストルンド

キャスト

ヨハネス・クーンケ
エバ:リサ・ロブン・コングスリ
クララ・ウェッターグレン
ヴィンセント・ウェッターグレン
クリストファー・ヒヴュ
ファンニ:ファンニ・メテーリウス

フレンチアルプスで起きたことの画像